常磐線「原発事故区間」の代行バス、富岡駅にも停車 2月16日から | レスポンス(Response.jp)

常磐線「原発事故区間」の代行バス、富岡駅にも停車 2月16日から

鉄道 企業動向

原ノ町駅で発車を待つ竜田行きの代行バス。2月16日から富岡に停車する。
原ノ町駅で発車を待つ竜田行きの代行バス。2月16日から富岡に停車する。 全 2 枚 拡大写真
東日本大震災や福島第一原子力発電所事故の影響で運休が続く常磐線竜田~原ノ町間の代行バスが、2月16日から富岡駅(福島県富岡町)に停車する。

JR東日本の水戸支社が2月14日に発表したところによると、富岡駅の駅前交通広場が工事中のため、当面の間は駅から直線で約1km離れた東京電力ホールディングス旧エネルギー館の前に、「富岡駅」停留所を設置して停車する。代行バスの運行本数は現在と変わらず、上下各2本が「富岡駅」に停車する。

竜田~原ノ町間の代行バスは2015年1月から運行を開始。当初は途中駅を全て通過していた。2016年7月には代行区間のうち小高~原ノ町間で列車の運転が再開されたが、代行バスは引き続き竜田~原ノ町間で運行し、途中停車駅に小高駅を加えた。

今年2月1日には浪江にも停車するようになり、今回の富岡停車で途中停車駅は3駅となる。

《草町義和》

この記事の写真

/

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部ピックアップ

ピックアップ