ボッシュ、新ソフトウェアプラットフォーム発表…コネクテッドカー向け | レスポンス(Response.jp)

ボッシュ、新ソフトウェアプラットフォーム発表…コネクテッドカー向け

自動車 テクノロジー ネット

コネクテッドカー向けサービスの開発や運用、販売を可能にする新しいソフトウェアプラットフォーム、ボッシュ「Automotive Cloud Suite」のイメージ
コネクテッドカー向けサービスの開発や運用、販売を可能にする新しいソフトウェアプラットフォーム、ボッシュ「Automotive Cloud Suite」のイメージ 全 1 枚 拡大写真
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは3月15日、コネクテッドカー向けサービスの開発や運用、販売を可能にする新しいソフトウェアプラットフォーム、ボッシュ「Automotive Cloud Suite」を発表した。

Automotive Cloud Suiteは、自動車メーカーとサービスプロバイダーにとって、各種モビリティサービスを開発し、短期間で市場に導入するためのソフトウェアプラットフォームと、総合的ツールキットになるべく開発されたもの。

機器とドライバー、企業、ドメインをつなぐ上で必要なすべての機能を単一のプラットフォームでカバー。さらに、デジタルログブックやソフトウェア更新用ソリューションなどの個別のソフトウェアモジュールも含まれる。モビリティサービスプロバイダーがこれを活用すれば、各種のコネクテッドカーサービスを開発し、ドライバーに提供することも可能になる。

ボッシュは、多方面にわたる専門知識をAutomotive Cloud Suiteに投入。その中には、自動車業界向けのシステムサプライヤーとして、また暗号化技術のリーディングプロバイダーとしてのスキルに加え、クラウドの運用やビッグデータの取扱いに関わる豊富な経験が含まれる。

ボッシュのディルク・ホーアイゼル取締役は、「幅広く個人のニーズに即したサービスソリューションを生み出せるAutomotive Cloud Suiteは、ドライバーにも利益をもたらすことになるだろう」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部ピックアップ

ピックアップ