トヨタプリウス 1.5 S 10thアニバーサリーエディション

中古車 > トヨタ  > プリウス  > 埼玉県 

  • ★陸送代金一例★東京都中央区5000円 千葉県千葉市7000円 神奈川県横浜市10000円 静岡県浜松市16000円 栃木県宇都宮市10000円 山梨県甲府市12000円 茨城県水戸市15000円 福島県福島市23000円
  • 宮城県仙台市23000円 岩手県釜石市38000円 大阪市中央区28000円 香川県高松市35000円 福岡県福岡市38000円 鹿児島県鹿児島市43000円 北海道札幌市47000円 沖縄県沖縄市68000円名義変更は陸送料金+15000円~20000円
  • 全車総額表示で展示しております。ぜひ一度ご来店ください♪お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • ご予約いただければ試乗可能です!!お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 年式相応の使用感はございます。詳細に関してはお問い合わせください!お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 格安車輛をメインで展示!!是非御来店下さい!お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 今週の一押し車!!!是非試乗してみてください^^お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 納車前には、自社で整備させていただいております!お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 当社保証は国産車15年未満、15万キロ未満ので、外車は10年未満、6万キロ未満の車両を走行無制限で6ヶ月、1年、2年、3年まで保証付けることは可能です。詳しくは当社スタッフまでお問い合わせください!
  • お車の状態はお客様で、試乗してご確認いただけます。気になる傷などはサービスで板金塗装可能です。お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 陸送代金格安キャンペーン!!詳細はスタッフまで。お気軽にお問い合わせください!お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 御来店が難しい方は、お電話やメールでご質問ください!詳細画像が必要な場合はメールに添付する事も可能です!お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • バッテリー電圧チェックOK!お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 当店では、より良い車を、より安くご提供致します!!お問い合わせ先【無料電話】0066-9711-362048まで♪
  • 別途料金で法定整備点検おこないます!!+2万円からです!(修理が必要な場合は別途発生します)
  • ■オートローン/クレジット取り扱っておりますのでまずは一度ご相談ください■

トヨタプリウス 1.5 S 10thアニバーサリーエディション の基本情報

  • プリウス
  • 1.5 S 10thアニバーサリーエディション
  • 本体価格:55.0万円(税込)
  • 支払い総額:63.8万円(税込)
お気に入りに追加
年式 08(H20)(年式(初度登録年)) ミッション インパネCVT5MT
走行距離 7.1万km 乗車人数 5
車検 21(R3)/11 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1500cc ドア 5
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 074
リサイクル リ済込
修理歴 修復歴無し
保証 保証無
整備 整備無
PR 禁煙車 バックカメラ プッシュスタート ETC

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ カーナビ HDDナビ
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV ×
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

トヨタ プリウス 1.5 S 10thアニバーサリーエディションを販売している販売店情報

販売店名 JA MOTORS link
販売店住所 埼玉県東松山市六反町16-9
電話番号 049-381-7629

トヨタ プリウスの最新モデル

走行性能が向上し、JC08モード燃費は40.8km/Lを達成

トヨタのハイブリッドモデルを代表するプリウスの4代目。優れた環境性能がさらに磨かれ、Eグレードにおいては、世界トップレベルのJC08モード燃費40.8km/Lが実現されている。他の2WD車でも37.2km/L、新たに投入された電気式4WDのE-Fourでも34.0km/Lを達成。全グレードがエコカー減税の免税対象となっている。さらに、トヨタの新たな自動車づくりの取り組みであるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第1号車として、カッコよさを際立たせる「低重心スタイル」が採用され、「走りの楽しさ、乗り心地のよさ、静かさ」といった基本的な性能も底上げされている(2015.12)