春の交通安全運動、期間中の交通事故死は過去最少の74人

自動車 社会 行政
春の交通安全運動(平成29年度ポスター)
春の交通安全運動(平成29年度ポスター) 全 1 枚 拡大写真
警察庁交通局は、春の全国交通安全運動期間中の交通事故による死者数を発表。前年同期と比べ36人(-32.7%)減の74人と、1954年の開始以来、春秋を通じて最少となった。

事故発生件数は同6.3%減の1万2232件、負傷者数は同6.3%減の1万5037人。ともに1984年春以来、33年ぶりの低水準となった。

春の全国交通安全運動は、4月6日から15日までの10日間、「子どもと高齢者の交通事故防止止~事故にあわない、おこさない~」を運動の基本として実施した。

また、安全運動最終日の4月15日時点での本年累計死者数は、前年同期より103人少ない987人となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 運転免許証の旧姓併記、12月からカッコ書きで可能に[新聞ウォッチ]
  • 警察庁
  • 台風15号の被災状況(10月15日、長野県)
  • 自動車安全運転シンポジウム2019開催ポスター
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 スクープ写真
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/04/19/293733.html/article/2017/04/19/293732.html/article/2017/04/19/293734.html