クラリオン、フルデジタルサウンド搭載のデモカー2台を出展予定…大阪オートメッセ2018

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
クラリオン Z7 フルデジタルスピーカー
クラリオン Z7 フルデジタルスピーカー 全 4 枚 拡大写真
クラリオンは、2月10日から12日までインテックス大阪で開催される「第22回 大阪オートメッセ2018」に車載用フルデジタルサウンドシステム(FDS)を搭載した2台のデモカーを出展する。

デモカー1には、FDS初のハイレゾ対応スピーカーを現在開発中の新ユニットと組み合わせて参考搭載。現行の2ウェイと参考出展の3ウェイの違いを聴き比べることができる。3ウェイはハイレゾ音源をあますことなく再生することで、自然で伸びやかな高域を再生。加えてミッドレンジと組み合わせることで、ボーカルが厚くなり、これまで以上に包まれるようなサウンドを提供する。

軽自動車をベースとしたデモカー2では、デジタルオーディオプレーヤーと光ダイレクト接続したFDSでハイレゾ音源が試聴可能。スペース確保の難しい車内でも、FDSは純正スピーカー位置にインナーバッフルを使用して取り付けでき、車内イメージを崩すことなくハイレゾ音源を忠実に再生する。

また、Quad View体験コーナーでは、最新モデル「NXV977D」を用意。画面を4つに分割し、様々な情報を同時に表示するQuad Viewナビゲーションの快適な画面操作を体感できる。さらにSmart Cockpitソリューション映像コーナーでは、2030年以降の未来のモビリティをテーマに、クラリオンのソリューションが、社会の様々なシーンで課題解決に貢献する様子を紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルシア クラリオン ブースイメージ
  • Clarion・NXV897D
  • 自動遠隔出庫(長距離呼び寄せ)システム「Long Range Summon」
  • faurecia clarion ナビ&フルデジタルサウンド試聴会
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/02/02/305584.html/article/2018/02/02/305583.html/article/2018/02/02/305585.html