鈴鹿サーキットとホンダ、トヨタで3社共催の「モースポフェス」を実施 2019年3月2-3日

左から山本氏、山下氏、高橋氏。
左から山本氏、山下氏、高橋氏。全 3 枚写真をすべて見る

10日、SUPER GT最終戦開催中のツインリンクもてぎで、トヨタ、ホンダ、モビリティランド(鈴鹿サーキット&ツインリンクもてぎを運営)が合同会見を開き、2019年3月に3社共催で「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」を実施すると発表した。

会見にはトヨタ自動車GRマーケティング部の高橋敬三主査、本田技研工業モータースポーツ部の山本雅史部長、そしてモビリティランドの山下晋代表取締役社長が出席。高橋氏によれば、この話の発端は「昨年、ホンダさんと我々トヨタが合同で『モースポ in 九州』というイベントをやったことでした。単独でやるよりも数倍楽しいということが分かり、今年に入ってから『なにかできないか』と話してきたなかで、実現に至りました」とのこと。

鈴鹿サーキットでは例年、主に3月上旬にファン感謝デー(通称:鈴鹿ファン感)が開催されてきた。これを来年はトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)とホンダが「メーカーの垣根を越えて」、モビリティランドとともに、よりグレードアップして開催する格好になる。

日程は2019年3月2~3日、入場は無料(公式ウェブサイト掲載の招待券持参者)。山下氏は「日本のモータースポーツ(全体)のキックオフイベントにしたい」との思いを語っている。山本氏も「これまでに見たことのない“絵”を鈴鹿で見せたい」と語り、意気込みを見せる。

会見では記者団から「現役選手がメーカーの枠を越えてマシンに乗ることもあり得るのか」との質問も出たが、高橋、山本の両氏はこれにも前向きな意向を示しており、共催ならではのコンテンツが多数、用意されることになりそうだ。また、さらに他メーカーの参加も募っていく方向を3氏は強調している。

トヨタとホンダの国内外での活躍を含め、4輪、2輪とも近年、日本のモータースポーツには「確実に波が来ていると思います。ファンの方々のマインドを、もっと盛り上げていきたい」(山下氏談)。これが、この画期的イベントにかける3社の思いである。さらには「未来のモータースポーツファンをつくるビッグイベント」との副題が示すように、コアなレースファンだけでなく、より広い層への訴求の契機となることも目指し、これから具体的な開催準備が進む。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 国歌独唱『04 Limited Sazabys』(右から2人目がGEN氏)
  • 鈴鹿サーキット(参考画像)
  • 2018 FIA WTCR Race of Japan レースシーン
  • 左上から、ドミニク特製ビーフシチュー、特製パリパリチキン&フライドチキンカレー、三重県産チキンとマッシュルームドリア、三重県産小麦使用生麺の汁無し担担麺、特製冷しゃぶ牛肉伊勢うどん、松阪牛ステーキ重ミニデザート付き
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/10/316024.html/article/2018/11/10/316023.html/article/2018/11/10/316025.html