経済産業省、AI人材発掘に向けてコンテストを開催、1回目は自動運転に欠かせない画像認識

AIエッジコンテストでの「オブジェクト検出部門」、「セグメンテーション部門」の内容
AIエッジコンテストでの「オブジェクト検出部門」、「セグメンテーション部門」の内容全 1 枚写真をすべて見る

経済産業省は、革新的なAIエッジコンピューティングの実現に向けて優れた技術・人材・アイデアを発掘するため、実データを使い実装を意識した課題の解決を競うコンテスト「AIエッジコンテスト」を開催する。

1回目となる今回は、Connected Industriesでの重点取り組み分野の1つである「自動走行・モビリティサービス」に着目、自動走行の実現に欠かせない画像認識に関して、画像中の物体検出の精度を競う。コンテストでは「オブジェクト検出部門」、「セグメンテーション部門」の2部門で実施する。期間は11月19日から2019年1月27日。

今後、コンテストは、革新的なAIエッジコンピューティングの実現に向けて、アルゴリズムなどのソフトウェアに加え、ハードウェアやその実装を含めたコンテストの実施を検討し、継続していく予定。今回のコンテストに用いた走行画像データは、コンテスト終了後、公開を検討する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマートシティ官民連携プラットフォームの概要
  • 車載ハンズフリーキット「400-BTCAR001」(参考画像)
  • 衝突被害軽減ブレーキを搭載するクルマのイメージ。(写真はスバルレヴォーグ)
  • ガソリンスタンド
  • VW ID.4X(左)とID.3(右) のプロトタイプをスクープ
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/13/316106.html/article/2018/11/13/316105.html/article/2018/11/13/316107.html