トヨタ センチュリーGRMN、2台目が“黒塗り”で登場…東京オートサロン2019[詳細画像]

トヨタGRセンチュリーGRMN(東京オートサロン2019)
トヨタGRセンチュリーGRMN(東京オートサロン2019)全 18 枚写真をすべて見る

トヨタGAZOOレーシングは1月11日に幕張メッセで開幕した東京オートサロン2019にて、2台目の『センチュリー GRMN』を初公開した。

センチュリーGRMNは、2018年6月に21年ぶりのフルモデルチェンジを果たした新型「センチュリー」をベースに、トヨタのモータースポーツカーブランドGRの最上級仕様である『GRMN』仕様にカスタマイズされたモデルとして、世界に1台だけ生産された。

センチュリー市販仕様には存在しないカラーバリエーションであるホワイトを纏ったこの車両は、先の箱根駅伝でも学生を見守る先導車として起用され、自動車ファンの間で密かに注目を集めていた。

そんな特別モデルのなんと“2台目”が、東京オートサロン2019 にサプライズで登場。車体色は対照的に高級感のあるブラックを採用し、ナンバープレートもトヨタの本社がある愛知県豊田市のものとなっている。なお、市販化の予定はないとのことだ。

このセンチュリーGRMNのブラックスタイルは、東京オートサロン2019内のTOYOTA GAZOO Racingブースにて、1月12日と13日に一般公開される。

東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/11/317937.html/article/2019/01/11/317936.html/article/2019/01/11/317938.html