三菱、新型軽自動車 eKワゴン/eKクロス の予約注文開始 3月28日発売予定

三菱eKクロス新型。三菱のSUVシリーズに共通のデザインが採用されている
三菱eKクロス新型。三菱のSUVシリーズに共通のデザインが採用されている全 8 枚写真をすべて見る

三菱自動車は3月14日、ハイトワゴンタイプの新型軽自動車『eKワゴン』と『eKクロス』の予約注文を開始した。発売は3月28日を予定、価格は未発表。

新型eKワゴン/eKクロスは、三菱自動車と日産自動車の合弁会社NMKVが企画・開発マネジメントし、三菱自動車の約60年にわたる軽自動車づくりのノウハウと、日産自動車の先進技術を融合して開発した新しい軽ハイトワゴン。新たな開発・生産プロセスのもと、プラットフォーム、エンジン、CVTといった主要コンポーネントを刷新した。

2013年6月以来、約6年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型eKワゴンは、運転のしやすさと快適性の向上による日常での使いやすさに加え、軽自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」などの先進技術を採用した。

また、eKクロスは今回新たに設定した三菱自動車独自のSUVテイストのクロスオーバーモデル。SUVらしい力強さをハイトワゴンに掛け合わせた(クロスさせた)ことから命名した。ブランドメッセージ「Drive your Ambition」を体現した三菱自動車らしいSUVテイストのデザインと、新たに採用したハイブリッドシステムによる低燃費で力強い走りを特長としている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/14/320150.html/article/2019/03/14/320149.html/article/2019/03/14/320151.html