CDT AUDIOのステージング改善システム、MSTを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
米CDT AUDIOのステージング改善システム、MST(ミュージック・ステージング・テクノロジー)発売
米CDT AUDIOのステージング改善システム、MST(ミュージック・ステージング・テクノロジー)発売 全 3 枚 拡大写真
イース・コーポレーションは、米ハイファイブランド、CDT AUDIOのステージング改善システムが発売となった。

その内容は「MST(ミュージック・ステージング・テクノロジー)」の50mm径ミッドツィーター「MST-02P」と、システムコントロールユニット「MST-1SM」(MSTセット価格72,000円/税別)となる。

MSTは、既存のスピーカーシステムにアドオンするだけで音像や音場感をよりリアルに再現することを目的として開発された新機軸のアップグレードシステム。再生周波数帯域200Hz~20kHzのワイドレンジ再生を実現するバックチャンバーを備えた50mm径のシックスオクターブ+ミッドツィーター「MST-02P」と、ステージマネージャーと名付けられたシステムコントロールユニット「MST-1SM」を組み合わせて使用する。

接続方法は既存のカーオーディオシステムのフルレンジスピーカー出力(ハイレベル出力)を、システムコントロールユニット「MST-1SM」の入力端子へと接続し、同「MST-1SM」のスピーカー出力端子にミッドレンジツィーター「MST-02P」を接続するだけ。調整は「MST-1SM」に装備している無段階式のレベルコントロールノブにより「MST-02P」の音量をお好みのバランスで調整することができる。

その他にも周波数切替スイッチによりシックスオクターブ+モードまたはイメージツィーターモード選択、リスニングアジャストメントスイッチで遠いものを遠く、近いものを近く感じさせる遠近感モードとノーマルモードの切り替えができるなど細かな調整が可能。

音楽を聴いている時、人間の耳は一度にたくさんの情報を受け取っている。耳から入ってきた情報を処理する脳は、これらを聴き分けて音がどこから発せられているのか、どのような音なのかを瞬時に知覚している。MSTは、その耳に少しの情報を与えて音楽自体の空間的な雰囲気や音が発せられる場所の情報を脳に認識させることで本物そっくりな音へと改善するアップグレードシステムである。

■製品名:MST-02P 
仕様:50mmシックスオクターブミッドツィーター(ペア) 標準小売価格:¥48,000(税別)
●定格入力:180W●周波数特性:200Hz~20kHz●能率:86dB●公称インピ-ダンス:4Ω●推奨取付位置:ダッシュボード、Aピラー、キックパネル●サイズ(外径x奥行)Φ65mm x 61mm●スピーカーケーブル約1m付き

■製品名:MST-1SM
仕様:MSTシステムコントロールユニット 標準小売価格:¥24,000(税別)
●シックスオクターブ+レベルコントロールノブ●周波数切替スイッチ●リスニングアジャストメント切替スイッチ●サイズ(幅×奥行×高さ)183×151×56mm

米CDT AUDIOのステージング改善システム、MST(ミュージック・ステージング・テクノロジー)発売

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月20日(日)大阪府の舞洲スポーツアイランドで、2019シーズンのファイナルラウンド『ACG2019 FINAL in 関西』開催!
  • ホンダ LiB-AID E500 for Music
  • “カーオーディオ・プロショップ”の店内の様子(サウンドカーペンター<愛媛県>)。
  • 『ダイヤトーンサウンドナビ』の装着例(製作ショップ:サウンドステージ<香川県>)。
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/07/323234.html/article/2019/06/07/323233.html/article/2019/06/08/323235.html