スズキ『ハスラー』コンセプトは新型予告?…東京モーターショー2019展示予定

スズキ・ハスラーコンセプト
スズキ・ハスラーコンセプト全 9 枚写真をすべて見る

スズキは東京モーターショー2019に軽クロスオーバーワゴンの『ハスラーコンセプト』(Suzuki Hustler)を参考出品する。「もっと遊べる」「もっとワクワクできる」、日常から遊びのシーンまで、毎日がもっとワクワクする車を提案する。

アウトドアアイテムを日常でも使用するように、ライフスタイルが多彩になっているところに着想して、スズキでは、日常で楽しく乗りこなせる「タフで力強い」新たなハスラースタイルをデザインで提案した。現行ハスラー(2013年12月発表、2014年1月発売)と比べて車体がスクエアになり、リアクォーターウインドーが追加されて、より大きく見える。

幕張メッセでは“標準仕様”ハスラーコンセプトとともに、日常でアウトドアスタイルを楽しむ「アーバンアウトドアスタイル」を強調した、バーミリオンオレンジ車体色のカスタマイズ仕様も展示される。デカールやルーフラッピング、ルーフラックが装備される。

主要諸元は全長3395mm、全幅1475mm、全高1680mm(ルーフラック無し)、ホイールベース2640mm。パワーユニットは658cc直列3気筒・吸排気VVTマイルドハイブリッドと、658cc直列3気筒ターボ・吸気VVTマイルドハイブリッドが設定されている。駆動方式は4WD。ブースには3台のハスラーコンセプトが展示予定で、販売側としてはこちらが展示のメインか。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/30/327045.html/article/2019/09/30/327044.html/article/2019/09/30/327046.html