シボレータホスポーツ 正規YANASE物 オリジナル

中古車 > シボレー  > タホスポーツ  > 神奈川県 

  • Youtubeにて動画公開中!ガレージカレントU.S.で検索!https://youtu.be/UxP8OLvGm44【予約制】車両は離れたヤード等にございますため、ご来店前には必ずご予約を!
  • 今回ご紹介させていただくのはシボレータホ。このシボレータホがどのようにして生まれたのかを紐解くには、1960年代まで遡らなくてはなりません。時は1960年代初頭、フォードはジープやランドクルーザーに
  • 対抗するモデルとして1965年、フォード初のSUVとしてブロンコ(Bronco)の生産を開始しました。ちょうどポニーカー戦争と同時期のことですね。ポニーカーと言えばマスタング(ムスタングと呼ぶことも)が
  • その筆頭ですが、マスタングもブロンコもどちらも、馬を指しています。マスタングはスペインから持ち込まれた小型の馬、ブロンコはそれが野生化したものとされています。オンロードを走る小型でスタイリッ
  • シュなマスタングと、荒野を走るオフロード性能を有するブロンコ、なんともわかりやすいネーミングではないですか。アメ車のネーミングは、土地の名称や動物から取ったものが多い気がしますね。日本車は、
  • もっと抽象的だったり、造語だったりが多いでしょうか。漢字の車なんかあっても面白いと思いますけどね。空とか海とか、ハイエースなんか「仕事」でどうですか?「車、何乗ってるの?」「仕事だけど」「あ
  • あ、あれ使い勝手いいよね、カスタムするとかっこいいし」なんて会話がされていたかもしれません。でも売れなそう。。。さて、マスタングとカマロの関係もそうですが、ブロンコに対してゼネラルモータース(
  • GM)がライバルとして開発したのがタホの原型となるK5ブレイザー。フォードのブロンコが最初からオフローダーSUVとして設計されたのに対して、GMのK5ブレイザーは、ピックアップトラックに屋根をつける
  • という手法で開発された点が大きな違いです。K5というのは、C/Kピックアップシリーズの4輪駆動を指すKに500kg積みのK10よりも小さな積載量を示す5の数字でK5となっています。で、ブレイザーというのは、
  • 皆さんよくご存じのジャケットのことです。日本ではブレザーと呼びますよね。つまり、ピックアップにジャケット着せたからK5ブレイザー!これまた分かりやすいネーミングだと思いませんか?「え!ブレイ
  • ザーってブレザーのことだったの?!」って今知ったアメ車ファンの方も結構いらっしゃるんではないでしょうか。このK5ブレイザーは初代モデルが1969年モデルから1972モデルの3年間と非常に短期間でモデ
  • ルチェンジをします。なぜかというと、ベースになっているピックアップが、1973年から第3世代に移行したため、合わせてK5ブレイザーもラウンディッドラインの第3世代ベースへとモデルチェンジすること
  • になります。C/Kシリーズは第二世代をアクティブライン、第3世代をラウンディッドラインと呼ぶのですが、どこからどう見てもラウンディッドしてないデザインなのですごく違和感しか感じませんが。で、この
  • K5ブレイザーは1991年までが第2世代となります。約18年間という非常に長寿モデルですね。それだけ、ベースのピックアップも人気を博したということなのでしょうね。実は1988年モデルからシャシ―が
  • GMT400と呼ばれる第4世代のピックアップが発売されていたんですが、第3世代も併売されていました。そして、1992年モデルですべて第4世代のC/Kにスイッチすることになり、このタイミングでK5ブレイザー
  • は、第3世代のK5ブレイザーとなったわけです。まだタホが出てこないじゃないという方、もうすぐです。当時日本では正規ディーラー車が輸入されていましたが、第3世代からはブレイザーシルバラードの名称で
  • 販売されていました。そしてついに1995年モデルでタホが誕生します。タホというのはカリフォルニアとネヴァダ州の間にあるLAKE TAHOE(タホ湖)から来ています。そして、それまで2ドアだったボディに4
  • ドアが追加され、日本にもたくさんの車両が並行車として輸入されることになりました。このタイミングで、日本の正規輸入車の2ドアモデルはタホスポーツへと名称変更します。これが、今回ご紹介させていた
  • だく一台となるわけです。いやあ、長かったですね。さらに、このブレイザーという名称を冠するモデルがほかにもありました。なんと1983年モデルでS10ブレイザーと呼ばれる小ぶりなSUVがリリースされてい
  • ました。ベースとなったのは、C/Kより二回り位コンパクトなS10と呼ばれるピックアップトラックです。これに屋根をつけてあげると出来上がるのが、そうS10ブレイザーなわけですね。このS10ブレイザーも正

シボレータホスポーツ 正規YANASE物 オリジナル の基本情報

  • タホスポーツ
  • 正規YANASE物 オリジナル
  • 本体価格:339.0万円(税込)
  • 支払い総額:347.2万円(税込)
お気に入りに追加
年式 97(H9)(年式(初度登録年)) ミッション コラム4AT5MT
走行距離 9.6万km 乗車人数 5
車検 24(R6)/06 ハンドル 左ハンドル車
排気量 5720cc ドア 3
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 0-Y
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証無
整備 整備込
PR 現役当時の乗り味を知ってみたくないですか?この個体ならそれができます!Youtubeにて詳細動画公開中!ガレージカレントU.S.で検索!または https://youtu.be/o81toiScHYA

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー × エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車
4WD パワーウィンドウ
CDデッキ × TV ×
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

シボレー タホスポーツ 正規YANASE物 オリジナルを販売している販売店情報

販売店名 ガレージカレントU.S. link
販売店住所 神奈川県横浜市港北区北新横浜1-7-1
電話番号 045-594-9992

シボレー タホスポーツの最新モデル