日産ノート 1.2 S

中古車 > 日産  > ノート  > 茨城県 

  • 令和3年式 ノート S 純正9インチナビ アラウンドビューモニター付き
  • 茨城日産自動車株式会社 U-Carsひたちなか店 茨城県ひたちなか市馬渡490-3 TEL:029-274-9523 ※国営ひたち海浜公園・コストコひたちなか店の近くです※
  • 定休日 毎月火曜日 第一・第三月曜日(第二月曜日も休業あり) 営業時間午前10時~午後6時 ※ご連絡・お問い合わせはお早目に!
  • 専門スタッフによる清掃を行いお渡しとなります。様々なスイッチが並ぶコクピット!是非、体感ください。
  • プライバシーガラス 室内の急な温度変化を防ぎ、日焼け防止や目隠し等の役目をしております。
  • 納車前には専門スタッフによるメンテナンスを行っております!その後の定期点検や車検等もお任せ下さい!
  • 燃費が良く静かな走りを是非、体感ください。
  • 前後バンパーには障害物ソナー付き!接近を知らせます!
  • オ-トロ-ンクレジットお取扱販売店でございます。お客様にあったお支払いプランをご提案させていただきます!くわしくは販売スタッフまでお問合せくださいませ!
  • ★お車にてご来店のお客様★ひたち海浜公園インタ-よりお車で8分となります。
  • 程よいホールド感 落ち着いた内装
  • 足元スペースが広く乗り降りのし易い後席空間
  • 燃費や航続距離可能距離 外気温度 車両設定 状態表示 等 様々な情報でドライブをサポート・演出致します♪
  • 純正9インチナビ MJ120D-L フルセグ CD Bluetooth(電話・オーディオ) AM/FM
  • アラウンドビュ-モニタ-搭載! 前後左右のカメラで真上から車を見たように確認が出来る日産自慢の装備です。車周辺の安全確認や障害物も確認が出来るので、駐車のしやすさだけでなく接触事故防止にも役立ちます
  • オートエアコン お好みの温度を設定しておけば風量・吹出し口を自動で切り替えて快適さを保ちます。
  • クイックシフト パーキングにするのはPボタンを押します
  • ETC搭載!ETCが付いていれば料金所の通過もスムーズなのでストレスなく通行が出来ますね♪
  • インテリジェントルームミラー搭載!必要に応じてカメラとミラーの切り替えができます!後席が人や荷物で後ろが見えにくい時もしっかり後方確認が出来るので、安心して運転できます!
  • ドライブモードセレクト EVチャージ オートホールド 機能

日産ノート 1.2 S の基本情報

  • ノート
  • 1.2 S
  • 支払い総額:205.1万円(税込)(諸経費7.1万円含む)
  • 本体価格:198.0万円(税込)
お気に入りに追加
年式 21(R3)(年式(初度登録年)) ミッション その他AT5MT
走行距離 0.6万km 乗車人数 5
車検 24(R6)/04 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1200cc ドア 5
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 879
リサイクル リ済込
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:2年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR 純正9インチナビ アラウンドビューモニター インテリジェントルームミラーエマブレ 車線逸脱 踏み間違い 障害物ソナー 後側方検知 インテリジェントキー&プッシュスタート

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール × サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

日産 ノート 1.2 Sを販売している販売店情報

販売店名 茨城日産自動車 U-Carsひたちなか店 link
販売店住所 茨城県ひたちなか市馬渡490-3

日産 ノートの最新モデル

進化した第2世代の「e-POWER」を搭載した3代目

日産の日本市場における、最量販コンパクトハッチバックの3代目。「コンパクトカーの常識を超える運転の快適さと、楽しさが詰まった先進コンパクトカー」をコンセプトに掲げ開発された。エクステリアは、クロスオーバーEV「アリア」との一貫性を感じさせるデザインを採用。室内は、電動化にふさわしい先進感と使いやすさを兼ね備えた、新たなインテリアデザインの思想を体現したものとされた。プラットフォームを新設計するとともに、システムを大幅に刷新。モーターとインバーターを新型とし、先代ノート比でトルクは10%、出力も6%向上。また、ナビリンク機能付きの「プロパイロット」が初搭載されるなど、安全運転支援システムの性能向上も図られている。(2020.11)