マツダCX-5 2.5 25S 100周年特別記念車 4WD

中古車 > マツダ  > CX-5  > 埼玉県 

  • 目指したのは大人の風格を感じさせる洗練された力強さと品格あるフォルム。仕立ての良さを軸としながら、無駄な要素をそぎ落としたところに生まれる、研ぎ澄まされた美しさを追求しました。
  • 美しいだけでも、機能的なだけでもない、漂うのは大人の品格。水平基調の美しさを磨いたコンソールパネル・質感を高めたシート・造形と機能が融合した美しさを追求し、細部まで精緻な造り込みを施しました。
  • シンプルなデザインのメーターは視認性も良好です
  • マツダコネクトはソフトウェアをアップデートでき、常に最新のサービスを利用できるコネクティビティシステム。インターネットラジオの聴取、ハンズフリー通話、ナビゲーションなどの機能を搭載しております!!
  • 手元を見ずに直感的に操作することができ、わき見の最小化にも貢献。マツダの人間中心の設計思想、新しい機能に対してもドライバーが安心して運転に集中できることを第一に考えて綿密に造り込んでいます
  • 低燃費・マニュアルトランスミッションのようなダイレクト感、スムーズで力強い発進・加速感を実現する6速オートマチックトランスミッションです。
  • オートホールドを標準で装備、あらかじめスイッチを操作しておくと停車時に自動的にパーキングブレーキが作動します。ブレーキペダルを踏み続けたり、うっかりペダルから足が離れたりなどの状態から運転者をサポート
  • 緊急時など、SOSボタンご利用いただけます(詳しくはスタッフまで)。
  • コネクティッドサービスをご利用いただけます(詳しくはスタッフまで)。
  • 自動防眩ルームミラー、ドライブレコーダーを設置
  • ラゲッジルームは定員乗車時も容量505L(サブトランクを含む。VDA方式)を確保。また中央席のシートバックだけを前方に倒せばスキー板やスノーボードを積み込むことができ、しかも大人4人が乗車可能です。
  • フルラゲッジモードです、アクティビティでご利用のさいに、たくさんの荷物を載せたり、車内で仮眠をとったりすることもできます。
  • フルオートエアコンを装備、マツダではスイッチを操作した時の操作感や押しごたえなどにもこだわって作っています
  • パーキングセンサーやサイドカメラなどの切り替えなど運転席右下に配置しております。
  • フロントシート体幹をしっかりと支え、乗員の安心感と快適性を高めます。座面には人間が不快に感じる振動だけをカットする性質を持ったウレタンを採用し、より快適な座り心地を実現しています。
  • 運転席10WAYパワーシート&シートメモリー機能を装着、ドライビングポジションに加えアクティブドライビングディスプレイの設定を記憶できる機能を追加
  • 運転席の様子です
  • 助手席の様子です
  • エアバックは運転席と助手席だけではなく、フロントサイド&カーテンエアバックも標準で装備しています。
  • 収納機能付きのセンターアームレストをお洒落に配置

マツダCX-5 2.5 25S 100周年特別記念車 4WD の基本情報

  • CX-5
  • 2.5 25S 100周年特別記念車 4WD
  • 支払い総額:304.5万円(税込)(諸経費15.3万円含む)
  • 本体価格:289.2万円(税込)
お気に入りに追加
年式 21(R3)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 2.2万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2500cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 672
リサイクル リ済込
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:12ヵ月 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR 大人気SUV・CX-5入荷です!お探しの方必見!100周年特別記念車が入荷いたしました、お早めにお問い合わせください。

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車 ×
4WD パワーウィンドウ
CDデッキ × TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

マツダ CX-5 2.5 25S 100周年特別記念車 4WDを販売している販売店情報

販売店名 関東マツダ 川越山田ユーカーランド link
販売店住所 埼玉県川越市山田字東町1435-1

マツダ CX-5の最新モデル

走る歓びを深めたクロスオーバーSUV

マツダのグローバル販売の4分の1を占める、基幹車種となったクロスオーバーSUVの2代目。ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、あらゆる領域で「走る歓び」が深化。デザインはマツダ独自の「魂動(こどう)Soul・of・Motion」のコンセプトをより高い次元へと昇華。また、同社の国内仕様車では初採用となる、0?100km/hの車速で追従機能を可能とする、マツダレーダークルーズコントロールが備えられた。エンジンは従来型と同様に、2.2Lのディーゼルターボと、2.5Lおよび2Lのガソリンエンジンをラインナップ。ディーゼルは細かな改良が施され、ノック音を低減。静粛性、走りの滑らかさが向上された(2016.12)