日産エクストレイル 2.0 20S 4WD

中古車 > 日産  > エクストレイル  > 千葉県 

  • 距離走っているため、専門店クォリティの中でもとにかく安い。免許取って最初の「ファーストカー」にもってこい!1台限りのお得車です。
  • 普通なら心配の種が大きい距離飛びのクルマ。だからこそ専門店で!その理由を書いていきます。
  • 大事なところは、何と言っても「納車前整備の手厚さ」これに尽きます!!
  • 新車から15経過しているので、保証にも加入できませんので。
  • あちこち比較してると思いますが、他のお店は何をどこまで無料で交換してくれますか?目に見えない部分なので、確認はシッカリと行いましょう。
  • プレシャスではこれまで「オルタネーター」「ラジエーター」「コンプレッサー」「コンデンサ」「各種センサー」「サスペンションメンバー」など、ここで書ききれない程の部品を無料で交換・修理して納車しています!
  • ダメージに関しては・・・事前にキズを直して隠したりせずありのままをお見せしています。ありのままをお見せしますので見にいらしてください。動画でお見せすることも可能です。
  • ボディは所々、キズや色褪せなどダメージがあります。でもそれはキレイに直すこともできる部分で、皆さんの目で確認ができます。
  • 何をどこまでキレイにするか、ご予算に合わせて納得のいくまで一緒にお話ししましょう。
  • ちなみに・・・キレイすぎるのはとても不自然。直さないと見せられない状態ってことの裏返しです。
  • 仕入れた時の出品票や査定表を見せてもらいましょうね。
  • ここまでやれば、あとはリスクをしっかりと考える事。
  • そのためには、営業が隠し事をせず、オープンに話してくれるかも重要。
  • 自分からオープンにしない営業は・・ちょっとね笑 車が良くてもやめときましょう。
  • リスクは修理代(走り始め以降のメンテナンス費用)に直結するので、ご自身のアンテナをビンビンに立てて見極めます。
  • でも、「クルマは機械!」これも頭に入れておかないとダメなんです。
  • 整備を手厚くやっていても、クルマのプロである整備士でも、事前に分からない事もあるのがクルマなんです。
  • 故障の覚悟をある程度持って、そのうえでリスクを背負って決める。これが多走行車・経年車の選び方です。
  • それができなきゃ選んじゃダメです。「ノートラブルを夢見て」乗ったら後悔するかもしれません。
  • 脅すような事を言いましたが、こういった考えってとても大事なんです。機械ですので。

日産エクストレイル 2.0 20S 4WD の基本情報

  • エクストレイル
  • 2.0 20S 4WD
  • 支払い総額:41.8万円(税込)(諸経費17.3万円含む)
  • 本体価格:24.5万円(税込)
お気に入りに追加
年式 08(H20)(年式(初度登録年)) ミッション フロアCVT5MT
走行距離 19.5万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2000cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 272
リサイクル リ済込
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:3ヵ月 / 保証距離: 3,000km)
整備 整備込
PR

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

日産 エクストレイル 2.0 20S 4WDを販売している販売店情報

販売店名 エクストレイル専門店 カーショップ・プレシャス link
販売店住所 千葉県千葉市花見川区横戸町1175-1

日産 エクストレイルの最新モデル

上質さが加味されたタフギア

力強い走りや利便性の高い装備で人気のミドルサイズSUV。進化した第2世代「e-POWER」と「VCターボ」、そして電動駆動四輪制御技術「e-4ORCE」が搭載されたことで、まったく新しいSUVへと進化された。エクステリアは、初代から受け継ぐタフな力強さに、余裕と上質さを感じられるエッセンスが加えられ、伝統と革新を融合させた「タフギア×上質」が表現されている。インテリアは、2種類の表示モードが選択できる、12.3インチの「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」を採用。クラストップレベルのラゲージスペースが備わるなど、使い勝手に優れたものとなっている。運転支援システムも充実しており、360度すべての方向の安全を確保する「360°セーフティーアシスト(全方位運転支援システム)」が採用された。(2022.7)