ローバーミニ クーパー1.3

中古車 > ローバー  > ミニ  > 奈良県 

  • 【ご挨拶】ご覧頂き誠にありがとうございます。奈良県にございます齋二ガレージです!プロの整備士が厳選した高品質な中古車を在庫しております!全車両試乗点検済み☆ご安心してご検討下さい♪
  • 【ライン問い合わせ大歓迎】便利なライン問い合わせ対応可能です。写真や動画のやり取りやオンライン商談、下取り車の査定、ローンの事前審査など全てスマホ一つで完結できます。
  • 【全車両試乗点検済み】当社の在庫車は全てプロの整備士が試乗を行い問題ないことを確認済みです。
  • 【当店の価格設定】当店では同一車両の他社様の価格を把握した上で値付けしております。その為、掲載してすぐに売約となることも多数ございます。
  • 【全車検査済み】心配されるエンジンやミッション、その他各機関部分作動確認済みです!事前にご連絡のうえご来店いただければご試乗の方もOK♪ぜひお客様の目と耳と肌でこのお車をお確かめください♪
  • 【プロのメカニック在籍】ご納車後もプロのメカニックがお客様のカーライフを末永くサポートさせて頂いております。
  • 【まずは在庫確認を】せっかくお電話をいただいたのに、タッチの差で「すいません!もう売れてしまいました!」とお答えさせていただくことがたびたび御座います。ご検討の際は1分1秒でも早くご連絡下さい!
  • 【試乗点検済み】当店ではご入庫時に整備士が試乗を行い点検しておりますのでご安心下さいませ。
  • 【全車両試乗点検済み】当社の在庫車は全てプロの整備士が試乗を行い問題ないことを確認済みです。
  • 【鈑金塗装工場併設】ご成約時でしたら気になる箇所をお安くお直しすることも可能ですので、ご相談下さいませ。
  • 【全車両試乗点検済み】当社の在庫車は全てプロの整備士が試乗を行い問題ないことを確認済みです。
  • 【全車検査済み】心配されるエンジンやミッション、その他各機関部分作動確認済みです!事前にご連絡のうえご来店いただければご試乗の方もOK♪ぜひお客様の目と耳と肌でこのお車をお確かめください♪
  • 【まずは在庫確認を】せっかくお電話をいただいたのに、タッチの差で「すいません!もう売れてしまいました!」とお答えさせていただくことがたびたび御座います。ご検討の際は1分1秒でも早くご連絡下さい!
  • 【ご挨拶】ご覧頂き誠にありがとうございます。奈良県にございます齋二ガレージです!プロの整備士が厳選した高品質な中古車を在庫しております!全車両試乗点検済み☆ご安心してご検討下さい♪
  • 【全車両試乗点検済み】当社の在庫車は全てプロの整備士が試乗を行い問題ないことを確認済みです。
  • 【徹底した自社整備】元ディーラー整備士が独立・開業しているからこそ、徹底した自社整備に拘り細部まで点検致します。
  • 【ミラー】ミラーに割れなど無くキレイな状態です。
  • 【ミラー】ミラーに割れなど無くキレイな状態です。

ローバーミニ クーパー1.3 の基本情報

  • ミニ
  • クーパー1.3
  • 支払い総額:120万円(税込)(諸経費10万円含む)
  • 本体価格:110.0万円(税込)
お気に入りに追加
年式 92(H4)(年式(初度登録年)) ミッション フロア4MT5MT
走行距離 不明 乗車人数 4
車検 24(R6)/06 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1300cc ドア 4
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 135
リサイクル リ済込
修理歴 修復歴無し
保証 保証無
整備 整備込
PR

オプション

エアコン × パワステ ×
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー × エアバック ×
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車
4WD × パワーウィンドウ ×
CDデッキ × TV ×
ETC × ABS ×
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

ローバー ミニ クーパー1.3を販売している販売店情報

販売店名 齋二ガレージ 走物屋(ソウブツヤ) link
販売店住所 奈良県生駒郡安堵町東安堵1151-1

ローバー ミニの最新モデル

大ベストセラー初代ミニの現代版

先代ミニ、それは1959(S34)年登場の初代ミニそのものといっていい。エンジンラインナップやインパネデザインなどが現代風にアレンジされたのみで基本コンセプトは何ら変更を受けずに作られ続けた。ミニといえばミニクーパーが有名だが、本来クーパーはレースで活躍したスパルタンなモデル。その性能が高く、戦績も優秀であったことから世界中に名声が高まり、上級グレードにその名が与えられるようになったのだ。初代ミニは大人4人が乗れるミニマムサイズの実用車という点でその後に登場したどのクルマにも負けなかった。ただ、モデル末期にミニを愛したのは日本人だけで、ほとんどすべてが日本へ輸出されたという。(1991.1)