日産ノート 1.2 e-POWER メダリスト ブラックアロー

中古車 > 日産  > ノート  > 茨城県 

  • 2022年4月にひたちなか市馬渡の「ひたちなか昭和通りセンター」よりひたちなか市稲田へ「U-Cars勝田店」として移転オープン致しました。サービス工場も併設しておりますのでご購入後のメンテナンスも安心です。
  • ご購入後のお車の保証は全国の日産販売店で対応できるワイド保証(1年間)又はライト保証(3ヶ月間)が無料付帯されています。走行距離無制限の日産ワイド保証付きだからとても安心。
  • フルセグTV、Bluetooth接続可能、純正ディーラーオプションナビ搭載
  • 見やすい運転席で快適ドライブ
  • 安心安全!アラウンドビューモニター!バックモニター付!
  • 純正ドライブレコーダーでしっかり記録できます。
  • ワイド保証プレミアム(有料)にご加入いただきますと基本保証にプラス2年間、保証を延長できます。
  • クルーズコントロール付きで高速道路の運転もしっかりサポート
  • オートライト機能付。LEDライトで夜間走行も安心。
  • スマートルームミラーでリアの視界もしっかり確保。
  • 日産クオリティショップ認定店「安心・信頼・満足」をお届け致します。
  • 専用アルミホイール装着車
  • 日産クオリティショップ認定店「安心・信頼・満足」をお届け致します。
  • 納車前には当社整備工場にてディーラー整備士が、12ヶ月点検又は車検整備を実施。安心してお乗り頂けるようお渡しさせて頂きます。
  • 広さたっぷり、ゆったり座れる後席シート
  • しっかり荷物も積めるラゲッジルーム
  • 2022年4月にひたちなか市馬渡の「ひたちなか昭和通りセンター」よりひたちなか市稲田へ「U-Cars勝田店」として移転オープン致しました。サービス工場も併設しておりますのでご購入後のメンテナンスも安心です。
  • 保険も日産!「日産カーライフ保険」にて日産だけの安心があります。
  • 安心の自社クレジット!(日産フィナンシャルサービス)支払い回数72回まで対応!ローン金利等、詳細はお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入後のお車の保証は全国の日産販売店で対応できるワイド保証(1年間)又はライト保証(3ヶ月間)が無料付帯されています。走行距離無制限の日産ワイド保証付きだからとても安心。

日産ノート 1.2 e-POWER メダリスト ブラックアロー の基本情報

  • ノート
  • 1.2 e-POWER メダリスト ブラックアロー
  • 支払い総額:129.3万円(税込)(諸経費11.3万円含む)
  • 本体価格:118.0万円(税込)
お気に入りに追加
年式 18(H30)(年式(初度登録年)) ミッション その他AT5MT
走行距離 4.3万km 乗車人数 5
車検 25(R7)/03 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1200cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 414
リサイクル リ済込
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR ◆メモリーナビ◆フルセグ◆アラウンドビューモニター◆ETC2.0◆LEDヘッドライト◆純正ドライブレコーダー◆クルーズコントロール◆衝突被害軽減ブレーキ◆踏み間違い防止アシスト◆

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

日産 ノート 1.2 e-POWER メダリスト ブラックアローを販売している販売店情報

販売店名 日産プリンス茨城販売 U-Cars勝田店 link
販売店住所 茨城県ひたちなか市稲田1440-1

日産 ノートの最新モデル

進化した第2世代の「e-POWER」を搭載した3代目

日産の日本市場における、最量販コンパクトハッチバックの3代目。「コンパクトカーの常識を超える運転の快適さと、楽しさが詰まった先進コンパクトカー」をコンセプトに掲げ開発された。エクステリアは、クロスオーバーEV「アリア」との一貫性を感じさせるデザインを採用。室内は、電動化にふさわしい先進感と使いやすさを兼ね備えた、新たなインテリアデザインの思想を体現したものとされた。プラットフォームを新設計するとともに、システムを大幅に刷新。モーターとインバーターを新型とし、先代ノート比でトルクは10%、出力も6%向上。また、ナビリンク機能付きの「プロパイロット」が初搭載されるなど、安全運転支援システムの性能向上も図られている。(2020.11)