マツダロードスター 1.8 スペシャルパッケージ装着車

中古車 > マツダ  > ロードスター  > 奈良県 

  • スペシャルパッケージ!マツダスピード!B-SPEC・STAGE1!TEIN!MOMO!
  • マツダスピードチューニング!B-SPECステージ1ロードスターの入庫です!
  • メーカーオプション!スペシャルパッケージ装備です!
  • おかげさまで累計販売台数800台突破!遠方販売実績も多数ございます!オートローンは120回払い(10年)まで対応しております!お客様の立場に立ってご相談させて頂きます!お気軽にお電話下さい!
  • オートローンをお考えの方は今月がお得です!審査はメールでも簡単に行って頂けます!お気軽にご連絡ください!
  • 内外装から下廻りまでたくさん画像を掲載しております!どうぞ最後までご覧になって下さい!
  • 希少のマツダスピードチューニング車です!詳しくは販売担当までお電話下さい!
  • 全ての在庫車両を第3者機関による検査を行っています!ネットでも車両状態の確認が可能です!お電話を頂けましたら、さらに解りやすくご説明させて頂きます!遠方の方も安心してご購入頂けます!
  • ご来店の際は他のお客様と重ならない為にも、事前にご連絡をお願い致します!ご協力のほどよろしくお願い致します!
  • メールでお問い合わせのお客様は、迷惑メール対策やドメイン指定受信の設定をご確認下さい。当店からの返信が届かない場合がございますので、お気をつけ下さい!
  • LINEでのお問い合わせも可能です!実際に見に来られない遠方のお客様に、見たい箇所を撮影して送信も致します!こちらのQRコード、もしくはID検索で@vgt9973aを検索して下さい!
  • オプション6J14インチアルミホイール装備!
  • サスペンションはTEIN製フルタップ式車高調を装着!
  • マツダスピードオリジナルマフラー装備!
  • マツダスピードオリジナルエキマニ&エアクリ装備!
  • インテリアはスペシャルパッケージのパワーウィンドウ、電動ミラー等装備です!
  • スペシャルパッケージMOMO製本革ステアリング装備!
  • 内装もほぼオリジナルの状態で残っております!
  • トランクにはスペアタイヤも完備しております!
  • お問合せ、お見積りお待ちしております!

マツダロードスター 1.8 スペシャルパッケージ装着車 の基本情報

  • ロードスター
  • 1.8 スペシャルパッケージ装着車
  • 本体価格:174.0万円(税込)
  • 支払い総額:189万円(税込)
お気に入りに追加
年式 94(H6)(年式(初度登録年)) ミッション フロア5MT5MT
走行距離 11.7万km 乗車人数 2
車検 22(R4)/07 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1800cc ドア 2
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 343
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1ヵ月 / 保証距離: 1,000km)
整備 整備込
PR スペシャルパッケージ!純正MOMOステアリング!電動アンテナ!PS!PW!マツダスピード!B-SPECステージ1!6J14インチアルミホイール!TEIN車高調!

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー × エアバック ×
エアロパーツ × ローダウン車
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ × TV ×
ETC ABS ×
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

マツダ ロードスター 1.8 スペシャルパッケージ装着車を販売している販売店情報

販売店名 カスタムカー専門店 株式会社frontier link
販売店住所 奈良県大和郡山市田中町743-1
電話番号 0743-87-9207

マツダ ロードスターの最新モデル

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目

世界中でムーブメントを起こしたライトウェイトオープンスポーツの4代目。マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」が採用されている。前後50:50の重量配分や重心高の低減によって、軽快なドライブフィールを追求。低く短いフロントオーバーハングと人を中心に配置したコンパクトなキャビンによって、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションが目指されている。搭載するのは、最高出力131ps/最大トルク150N・mを発生する、新開発の直噴1.5Lガソリン「スカイアクティブ-G 1.5」。エントリーグレードは6MT、上級グレードは6MTと6ATが選択できる。座ったまま片手でも開閉しやすいソフトトップが採用されるなど、オープンカーとしての利便性も向上している(2015.5)