プジョー208 GTライン

中古車 > プジョー  > 208  > 大阪府 

  • 衝突軽減・AppleCarPlay対応ディスプレイ・バックカメラ・ETC
  • 当店で取扱う中古車(登録済み未使用車を除く)は、法定点検整備を無料で実施いたします。ご契約時に別途法定点検整備費用を請求することは致しませんのでご安心ください♪
  • 安心してお過ごし頂ける様、コロナ対策の取り組みとして【スタッフのマスク着用・体調管理の徹底】【消毒用アルコールのご用意】【店内の除菌及び定期的な換気】を実施しております。
  • 【安心の徹底クリーニング】エンジンルームやシート下など、見えにくい部分までしっかりと清掃を実施!徹底した品質管理の下、気持ちの良い車選びをお約束します。
  • ●プジョー208GTラインが入庫致しました!輸入車らしいカラーリングがオシャレです!予防安全機能等も充実した1台です!!
  • applecarplay「お手持ちのiPhoneを接続しナビを起動することが可能!最新ナビで安心してお乗り頂けます!!」
  • ●アクティブセーフティブレーキ『よそ見運転等、事故が起こる前に未然に警告してくれる便利な機能です!』
  • ●アダプティブクルーズコントロール(ACC)『前の車との車間距離を一定にとりつつ、一定速度で自動走行してくれる次世代のクルーズコントロール!主に高速道路や自動車専用道路で使用する便利な機能です!』
  • ●LEDヘッドライト『ハロゲンの数倍の明るさを誇る高寿命LEDヘッドライトで、安全運転を支える良好な視界を!』
  • 『輸入車ならではの洗練されたインテリア!シートの使用感も少なく綺麗な状態です!』
  • 走りのマニュアルモード付AT!爽快な走りをお楽しみいただけます。ギアチェンジのスムーズさを是非お客様で御堪能下さい!
  • ●前席:ゆったりとしたドライバースペースで、長時間の運転でも快適にお過ごしいただけます。
  • 『抗菌・消臭、防汚に効果を発揮するルームコーティングの施工も承ります。光触媒が長期的に抗菌し続け車内をクリーンに保ちます。特に小さなお子様がいる方や花粉症でお困りのお客様はぜひご検討ください。』
  • 『高級感溢れるコックピットは運転を視覚的にも楽しませてくれます!』
  • 『当店では、メーター管理チェックシステムを導入しております。メーター交換や改ざんなどの粗悪車は一切お取り扱いしておりませんので、どうぞ安心してご検討くださいませ。』
  • ●純正17インチホイール『輸入車ならではの卓越した走りを支えるホイールと足回りです!日本車の走りに慣れている方にもぜひ体感して頂きたい程高いレベルでまとまっています!』
  • ●エンジンルーム『入庫時の状態もとても良く、エンジン機関も良好!ぜひ一度現車を御覧下さい!他にも多数の在庫を展示!』
  • 『趣味が広がる収納スペース!これだけの広さがあればお買い物時やレジャーなどにも最適です!』
  • ●スマートエントリー『鍵を持っているだけで、ドアロック解除・施錠からエンジンスタートまで操作できる便利な機能です!』
  • 東証一部上場のネクステージが展開する輸入車専門店、関西では大阪府堺市、関東では千葉県柏市、埼玉県戸田市、東海では名古屋市に2店舗、東北では宮城県仙台市、北陸では福井県福井市の計7店舗で運営!

プジョー208 GTライン の基本情報

  • 208
  • GTライン
  • 本体価格:275.0万円(税込)
  • 支払い総額:292.8万円(税込)
お気に入りに追加
年式 21(R3)(年式(初度登録年)) ミッション フロア8AT5MT
走行距離 0.2万km 乗車人数 5
車検 24(R6)/01 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1200cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 585
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1ヵ月 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR 輸入車ディーラー運営/東証一部上場/ユニバースで検索衝突軽減・AppleCarPlay対応ディスプレイ・バックカメラ・ETC・フルLEDヘッド・黒半革

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ × TV ×
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

プジョー 208 GTラインを販売している販売店情報

販売店名 ユニバース 堺 link
販売店住所 大阪府堺市堺区山本町2-70-1
電話番号 072-224-4907

プジョー 208の最新モデル

EVも用意され、Bセグメントのあらゆる基準を上書きする意欲作

画一化が進みつつある、Bセグメントに風穴を開けるべく、プジョーが投入したモデル。最大の特徴は、EVとガソリンエンジンモデルという、まったく異なるエネルギー源から選択が可能ということ。前者には、50kwhの大容量バッテリーと最高出力136ps/最大トルク260N・mを発生するモーターが組み合わされる。3つのドライビングモードと2つのブレーキモードが備えられ、最大走行距離は欧州WLTPモードで340kmを実現する。後者は定評のある1.2L直3ターボの進化版で、最高出力100ps/最大トルク205N・mを発生し、JC08モード、19.5km/Lを実現している。洗練されたエクステリアや、進化型の「i-Cockpit」など、内外装も魅力的に仕立てられた。(2020.7)