シボレーコルベット C8 Z51 3LT フロントリフター

中古車 > シボレー  > コルベット  > 埼玉県 

  • 新車  シボレー コルベット スティングレイ クーペ C8  3LT  Z51パフォーマンスPKG  日本未設定の左ハンドルが入庫いたしました。
  • 陸運局認証工場であるキャルウイングサービスファクトリーでは、アメ車・欧州車・国産車に対応致します。最新のコンピュータテスターを導入し、最新モデルの修理や整備荷の安心体制を心掛けております。
  • 国内でも有数の自社パーツセンターは週2便LAより空輸してます。純正パーツからカスタムパーツまで豊富に在庫してます。
  • 弊社ショールームにはお客様のユニフォームやアーティストさんのサインが並んでます。
  • 車輛詳細などLINEで簡単にお問合せが可能!!金額のご相談やローンの事などお気軽にお問合せ下さいませ!
  • アメリカンリアルスポーツカー コルベットがフルモデルチェンジ!C8こと8代目コルベットはついにミッドシップエンジンとなり、名実ともにアメリカンスーパーカーとして生まれ変わりました!
  • 取り外し可能なデタッチャブルルーフパネルをトランクにしまうことができます。
  • 全長: 463cm全幅: 193cm全高: 123cm
  • スーパーカーらしいフロント19インチ×リア20インチの前後異径サイズとなる5トライデントスポークペインテッドアルミホイール。
  • スーパーカーの定番アイテム、ブレンボキャリパーはブライトレッドペイント。Z51ロゴ入り。
  • フルLEDヘッドライト&テールランプ。デザインも独特で一目でC8と分かりそうです。
  • エンジンをドライバーの後方に配置するミッドシップ化により、これまでのコルベットとは異なるリヤエンドデザインに仕上がっています。
  • 大迫力のリアエンド。デュフューザー効果により強烈なダウンフォースを発生させる仕組みです。ドライブモードに応じてマフラーの音が変わる可変エキゾースト。
  • 驚くことにゴルフバッグまで入ってしまうという衝撃さ!この手のスーパースポーツカーで実用性もしっかり兼ね備えられているのは嬉しいですね。
  • リアハッチには、後方視界の確保と、外からでもエンジンが見えるという“演出”を意図してガラスパネルを採用。通称ガラスエンジンフード。
  • 出先でも天気のいいときなどこのようにルーフをしまうことが出来ます。
  • C5の辺りからコルベットのシートの座り心地の良さは世界的にも絶賛されてきました。C8になりより際立ちます。
  • 12インチデジタルメーターパネル。選択されたドライビングモードに応じて、表示内容やデザインが切り替わります。
  • 「Zモード」は、従来のコルベット・シリーズに設定されてきた高性能版「Z06」や「ZR1」、「Z51」にちなんでネーミングされたもの。
  • オプションのスマートフォンワイヤレスチャージング。

シボレーコルベット C8 Z51 3LT フロントリフター の基本情報

  • コルベット
  • C8 Z51 3LT フロントリフター
  • 本体価格:1569.0万円(税込)
  • 支払い総額:---
お気に入りに追加
年式 20(R2)(年式(製造年)) ミッション フロア8AT5MT
走行距離 80km 乗車人数 2
車検 新車未登録 ハンドル 左ハンドル車
排気量 6200cc ドア 2
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 444
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:3ヵ月 / 保証距離: 3,000km)
整備 整備別(整備費用:\)
PR 車両詳細はこちらから https://www.calwing.com/car/20210429051256/シートヒーター&クーラー パフォーマンスエキゾースト カスタムレザーラップインテリア

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ × TV ×
ETC × ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

シボレー コルベット C8 Z51 3LT フロントリフターを販売している販売店情報

販売店名 キャルウイング プレミアムセレクション link
販売店住所 埼玉県所沢市松郷342-6
電話番号 04-2991-7770

シボレー コルベットの最新モデル

ミッドシップに生まれ変わったスポーツモデル

ロングノーズのFRフォルムをトレードマークとしていたアメリカンスポーツが、ミッドシップへと生まれ変わった。快適性とドライビングプレジャーにおいて、歴代のどのモデルよりも優れた走りを実現。リア寄りの重量配分となったことで、ストリートおよびサーキットでのパフォーマンスが向上。ボンネットをはじめ、各所を低くしたことで優れた前方視界が確保された。日常ユースに適した真のスーパーカーを目指して開発されている。また、日本仕様ではコルベット初となる右ハンドル仕様も設定。エンジンは次世代型となる6.2L V8で、パフォーマンスエグゾースト装着時で、最高出力495ps/最大トルク637N・mを発生。組み合わされるトランスミッションは、8速デュアルクラッチ式となる。(2020.1)