マツダロードスター 1.8 RS

中古車 > マツダ  > ロードスター  > 大阪府 

  • H10年4月 ロードスター RS 6速マニュアル 走行142164キロ マツダスピードバケットシート&マフラー 純正Fリップスポ&リアスポ ビルシュタイン足回り LEDライト
  • シャストホワイトのNBロードスターの入庫です!外装内装共に綺麗な1台dす!
  • ★お客様のお車探しを一生懸命お手伝いさせて頂きます!ご要望、ご不明な点、ご質問などございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい!
  • ★全国遠方販売&全国納車(ご自宅までOK!)承ります。お気軽にご相談下さい!
  • ★ご遠方のお客様も大歓迎です☆車両詳細に関しましてもお気軽にお尋ね下さいませ☆ネット掲載画像以外にも追加で画像のご案内も可能です。
  • ★各種クレジット会社と提携しております!頭金0円・最長120回OK!お客様のご要望に合わせて無理のないお支払プランをご提案させて頂きますので是非ご相談ください。
  • ★当社は関西圏に6店舗ございますので、他店舗に在庫移動している場合もございます。ご来店の際にはお手数ですが、前もって在庫確認の上、ご来店お願い致します。
  • ★点検整備実施後のお渡しになります。バッテリーやエンジンオイルの交換、その他ベルト類など点検整備を実施した上で不具合個所がございましたら交換します。
  • 純正フロントリップスポイラー&トランクスポイラーを装備。
  • LEDヘッドライト。ヘッドライトレンズの曇りも無く、クリアな状態を保っております。
  • シャストホワイトのボディはツヤも有り、大きなキズヘコミはございません。
  • ★当社は主に大阪府で使用されてきているお車を仕入れておりますので、雪国などに見られます下回りの錆や腐食の心配はございません。内装・外装共に綺麗でお車の状態にこだわるお客様には最適なお車かと思います。
  • マツダスピードマフラー&純正トランクスポイラー。
  • 幌のヤブレやキレはございません。コンディション良好です。視界もクリアなガラススクリーン。
  • 幌のヤブレやキレはございません。コンディション良好です。視界もクリアなガラススクリーン。
  • ビルシュタイン足回り&15インチAW。
  • タイヤ山も十分残っておりますので当分使用可能となっております。
  • 室内に大きな汚れや嫌なニオイはございません。
  • マツダスピード製バケットシートを左右に装備しております。
  • 各シートコンディションも良好です。

マツダロードスター 1.8 RS の基本情報

  • ロードスター
  • 1.8 RS
  • 本体価格:69.0万円(税込)
  • 支払い総額:91.1万円(税込)
お気に入りに追加
年式 98(H10)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6MT5MT
走行距離 14.2万km 乗車人数 2
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1800cc ドア 2
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 456
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴有り
保証 保証無
整備 整備込
PR 6速マニュアル マツダスピードバケット&マフラー 純正Fリップ&Rスポ ビルシュタイン足回り LEDライト 純正タワーバー ナルディステアリング 15インチAW CD・USB

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー × エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV ×
ETC ABS ×
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

マツダ ロードスター 1.8 RSを販売している販売店情報

販売店名 ジャックプレミアム北大阪 link
販売店住所 大阪府箕面市半町3-13-17
電話番号 072-745-0111

マツダ ロードスターの最新モデル

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目

世界中でムーブメントを起こしたライトウェイトオープンスポーツの4代目。マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」が採用されている。前後50:50の重量配分や重心高の低減によって、軽快なドライブフィールを追求。低く短いフロントオーバーハングと人を中心に配置したコンパクトなキャビンによって、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションが目指されている。搭載するのは、最高出力131ps/最大トルク150N・mを発生する、新開発の直噴1.5Lガソリン「スカイアクティブ-G 1.5」。エントリーグレードは6MT、上級グレードは6MTと6ATが選択できる。座ったまま片手でも開閉しやすいソフトトップが採用されるなど、オープンカーとしての利便性も向上している(2015.5)