日産スカイラインクーペ GT-XEケンメリノーマル保証書取説記録簿ス

中古車 > 日産  > スカイラインクーペ  > 奈良県 

  • 特徴的なスタイルから現在では大人気となっているケンとメリーのスカイライン、通称「ケンメリ」入庫しております。
  • 50年排ガス規制適合モデルとしてインジェクション仕様としのL20搭載車を追加。
  • 昭和47年9月の発売から時期ジャパンにバトンタッチする昭和52年8月までの5年間で歴代スカイラインの中で最多の発売台数を誇るケンメリ。
  • 年代を感じさせるようなインパネは懐かしさを思い出される方もおられるのでないでしょうか。
  • 左から時計、フェールメーター、テンプメーター、オイルプレッシャーメーター。
  • タコメーター、スピードメーター、ブーストメーター。スピードメーターの指針が100km/h以上になりますと速度刑法装置のブザーが鳴ります。
  • ラジオは当時を思い出すような設計になってます。FM.AMの切り替えはFMボタンを押せば切り替え可能です。50年代の思い出にいかがでしょうか。
  • 5速MTの走りは世代を超えても尚現役で走り続けます!
  • センターコンソールにはパワーウインドウスイッチがついてます。前席と後席のスイッチがセンターコンソールに付いており、前に倒せば開き、後ろに倒せば閉まります。
  • 電動式のリモートレバーによりミラーの角度調節可能です!ハンドル左下に装着されたこの装置ボックスで行う。一度使うと手放せない装備です。
  • ルーフコンソール警告灯、イグニッションスイッチがON位置のとき作動し、ブレーキ液、燃料が不足している時、及び助手席、後席ドアがロックされていない時各警告灯が点灯します。
  • 純正シートは年式を感じさせないほど綺麗で座り心地も良く是非一度は体感して頂きたい。
  • 内装は年式を感じさせないほど程度が良く是非一度ご来店いただき実車を見て下さい!
  • 後期は助手席シートレールの形状が変わっている。フロア形状の変更のため内側レールの脚が、前期よりも約38mm短くなっているので、社外シートに交換する場合などは注意が必要だ。
  • 室内の状態は年代を感じさせないほど綺麗な状態を保っております。
  • 細部までみっちりと詰まってエンジンルームは当時そのもので丁寧に作られ磨かれているだけでなく、距離を重ねた汚れ(証し)も味わいになっています。
  • トランクスペースは奥行きもあり当時の雰囲気を味わいながら旅行はいかがでしょうか。
  • ドアの開口面積が広く、側面の中央にピラーの無いハードトップはボディの一部に補強板を追加したり部材の板厚を増すというような設計上の工夫をすることで柱があるセダンと同等の強さに仕上げているようです。
  • ケンメリGT-XE純正ホイールが入っております。
  • GT(ハードトップ)のライトベゼルは4灯ともメッキのリングが入っている。外側は細かい放射状のリブが入ることから「ヤマト」と呼ぶ人もいるようだ。

日産スカイラインクーペ GT-XEケンメリノーマル保証書取説記録簿ス の基本情報

  • スカイラインクーペ
  • GT-XEケンメリノーマル保証書取説記録簿ス
  • 本体価格:1976.8万円(税込)
  • 支払い総額:---
お気に入りに追加
年式 76(S51)(年式(初度登録年)) ミッション フロア5MT5MT
走行距離 4.7万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2000cc ドア 2
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 336
リサイクル リ対象外
修理歴 修復歴無し
保証 保証無
整備 整備込
PR 通称「ケンメリ」入庫しております。ノーマル 保証書取説記録簿スペアキー修復なし 篠山紀信phot

オプション

エアコン パワステ ×
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー × エアバック ×
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ × TV ×
ETC × ABS ×
アルミホイール × サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

日産 スカイラインクーペ GT-XEケンメリノーマル保証書取説記録簿スを販売している販売店情報

販売店名 奈良日産自動車(株) 中古車登美ヶ丘 link
販売店住所 奈良県奈良市中登美ヶ丘5-13-1
電話番号 0742-45-8123

日産 スカイラインクーペの最新モデル

北米を見据えた、FRスポーティクーペ

米で大成功を収めたG35クーペの後継モデル。外観はロングノーズ、ショートオーバーハングをもつ、ロー&ワイドなFRクーペらしいデザインだ。クーペ専用パネルで構成され、流れるようなライン、フェンダーの張り出しなどでスポーティさを増した。スポーツグレードには開口部が3分割されたバンパーや専用スポーツキャリパー付き19インチホイールも装着される。新開発3.7LエンジンはVVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)を採用。高回転まで滑らかに回り、出力や環境性能も向上した。前後のタイヤ切れ角を調整し安定や運動性能に寄与する、日産独自技術の4WAS(4輪アクティブステア)をスポーツグレードに標準装備。(2007.10)