スズキKei 660 ワークス

中古車 > スズキ  > Kei  > 栃木県 

  • 当社自慢のオススメ車です。この車のセールスポイントは他の画像でもアピールしてあります!まずはご覧になってください。いろんなところをチェックできますよ。
  • 外装は、専任のスタッフが真心込めて丁寧にワックス磨きをしておりますので、ピカピカに仕上がっております。
  • すごくキレイです。目立った傷もないと思いますが、一度お客様の厳しい目でご確認くださいね。ご満足いただけると思います。
  • 修復暦もございません。大切に乗られてきた一台です。是非、これからもキレイに大切にお乗りいただきたく思います。
  • タイヤの山はまだまだ残ってます!これからの走行距離と使い方にもよりますが、すぐに買いかえる心配もないです。
  • 16インチアルミホイ-ルがクールに決まっていますよ。さり気なく、スタイリッシュな感じです。やり過ぎよりもこのくらいのデザインがお洒落ですね。
  • リアスポイラー付きです。もちろんかっこいいのですが、高速時の走行も安定するので、一石ニ鳥です!!
  • ナビ付だから、もう道に迷うことはないかも?かなり使えます!詳細画面も、より細かくでるので、ピンポイントで目的地につくことができます。
  • キーレス付きです。当たり前の装備程、便利なモノです。両手がふさがっていても楽ちんですよ。買い物の際とか便利です。
  • シンプルなコンソール(画像部分)は使い勝手も便利!ごちゃごちゃしているよりもシンプルなほうが、使いやすくて結構便利です。
  • 程度が良く、綺麗なドライバーシート。視界もよく、老若男女問わず乗りやすいと思います。是非、お座り下さい☆☆☆
  • 後部座席も当然、綺麗・清潔です。内装の綺麗なお車は気持ちが良いですし、コンディションのいい車が多いです。前のユーザーが丁寧に使っていた証拠です。
  • ドライバー目線の画像です。視界も確保されているので、見やすいですよ。
  • スチームがけでエンジンルームの汚れも綺麗にクリーニング!エンジンルームが綺麗ですと、不具合等の発見もし易く、コンディションのチェックや維持の面でとってもプラスです。
  • コンパクトサイズでも、ラゲッジスペースの充実は当たり前です!本当に重宝しますよ。たくさん荷物を詰めて便利です。是非、お試しください!
  • ETCも取付可能です。高速道路では優越感+休日深夜などの割引もありお得です。これからのシーズン、是非遠出や旅行へ!快適なお時間を演出致しますよ!
  • 取扱説明書付で、お車の操作方法や、トラブル回避方法が記載されているため、意外と役に立ちます。
  • 内装ルームクリーニング済みです。しっかり綺麗にしていますので、是非、お確かめください。納車時にはもう一度キレイにいたしますよ!
  • 当社では無料保証をお付けしております。1ヶ月・3000kmの保証になります。購入後も安心してお乗り下さい。
  • 点検・整備後納車ですので安心してお選び下さい。自社工場完備!経験豊かな整備士が丁寧に対応いたします。

スズキKei 660 ワークス の基本情報

  • Kei
  • 660 ワークス
  • 本体価格:69.8万円(税込)
  • 支払い総額:79.8万円(税込)
お気に入りに追加
年式 06(H18)(年式(初度登録年)) ミッション フロア5MT5MT
走行距離 11.0万km 乗車人数 4
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 660cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 956
リサイクル リ済込
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1ヵ月 / 保証距離: 3,000km)
整備 整備込
PR 内外装とっても綺麗な外16インチアルミホイール付KEIワークス入庫です!全国どこでも納車できます 車検整備付乗り出し支払い総額79.8万円です。

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ HDDナビ
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC × ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

スズキ Kei 660 ワークスを販売している販売店情報

販売店名 (有)ガレージ・コヌマ link
販売店住所 栃木県足利市八椚町210
電話番号 0284-42-0987

スズキ Keiの最新モデル

見た目はSUVも新ジャンルの軽自動車

1998(H10)年10月の軽自動車新規格化に伴って、新ジャンルの軽自動車を!という意気込みで投入したのがKei(ケイ)。SUVテイストな3ドアハッチバックボディは高められた最低地上高が高く設定され、乗降性と運転のしやすさ、広い居住空間など、優れたパッケージングを誇り、見た目だけでなく、コンセプトも志の高いものであった。使い勝手を重視Hした5ドア車も遅れて登場した。搭載エンジンは直3VVTと同ターボ、それに直3SOHCターボだ。(1998.10)