日産GT-R 3.8 ブラックエディション 4WD

中古車 > 日産  > GT-R  > 奈良県 

  • 支払総額で勝負!決断を急がず総額で比較下さい!
  • 閲覧有難う御座います。中古車登美ヶ丘店は2018.19年GTR販売台数日本1位を獲得しており、お客様の理想にあったGTR提案させて頂きます。
  • 極限まで突き詰めたとき、機能は美へと昇華する。繊細な触感までこだわったプレミアムなコックピット。
  • 体のラインに合わせてくれるので長時間の運転でも疲れを感じにくいです!
  • 助手席は運転席より若干クッションが柔らかくなっており、同乗者への快適性をもたらします。
  • アイポイントを損なわないベストな位置にディスプレイを配置♪ハードディスクナビにマルチファンクション機能も搭載された多機能ディスプレイ☆
  • 純正ナビを装備しています。マルチファンクション機能付きの仕様でドライブに最適な機能を表示いたします。
  • バックビューモニター装備なので駐車も安心
  • GT-Rのマルチハイパフォーマンスを最大限に引き出すセットアップスイッチです!トランスミッション、ショックアブソーバー、VDC-Rのそれぞれ3段階のモード切替が可能!さまざまな路面に対応できます!
  • レーシーな雰囲気を演出いたします
  • コックピットを是非座って体感してみて下さい。色々な装備がついているので、気になる装備を是非カーライフアドバイザーに聞いてみてください
  • オートクルーズコントロールも親指で操作していただきやすい位置にデザインされており、高速道などの走行も楽にお乗りいただけます
  • 電子制御シフトも操作がシンプルで使いやすいです。
  • 一基づつクリーンルームで手作業で組み上げられたエンジンには、職人の名前が刻印された匠プレートが証として装着されます。記した名前は一人ですが、その名前の背景には開発チーム全員の存在がございます。
  • 人気のGT-Rブラックエディション入庫しました!
  • マルチなパフォーマンスを求めるドライバー様に。GTRのお問い合わせお待ちしております。
  • キセノンヘッドランプを装備し、夜間の視界確保とGTRの存在感を対向車にアピールいたします。
  • オプションのハイパーデイタイムライトを装備♪
  • やっぱりGTRは丸目4灯ですよね。存在感が違います!!
  • リアビューも存在感が溢れます

日産GT-R 3.8 ブラックエディション 4WD の基本情報

  • GT-R
  • 3.8 ブラックエディション 4WD
  • 本体価格:775.8万円(税込)
  • 支払い総額:804.8万円(税込)
お気に入りに追加
年式 08(H20)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 3.3万km 乗車人数 4
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 3800cc ドア 2
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 119
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証無
整備 整備込
PR 支払総額で勝負!車両価格が安いからといって決断を急がず総額で比較下さい!専用内装 LEDハイパーデイライト バックカメラ HDDナビ フルセグ 純正19インチ ブレンボ

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ HDDナビ
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

日産 GT-R 3.8 ブラックエディション 4WDを販売している販売店情報

販売店名 奈良日産自動車(株) 中古車登美ヶ丘 link
販売店住所 奈良県奈良市中登美ヶ丘5-13-1
電話番号 0742-45-8123

日産 GT-Rの最新モデル

誰でも最高のパフォーマンスを楽しめる“スーパーカー”

車名からスカイラインがなくなり“日産 GT-R”となったモデルは、誰が運転しても速く楽しく安心なスーパーカーを目指したハイパフォーマンスモデルとなった。外観は空力を考え機能に裏づけられた、エッジの立ったデザインに仕上げられたボディには、GT-RのDNAを継ぐ証明として丸目のリアランプが採用されている。新ミッドシップパッケージは、フロントミッドシップ化を可能とした駆動方式独立型トランスアクスル4WDを採用、グリップ荷重を最適化。走行中でも走行モードを切り替えられる装置なども含め、最新技術を惜しげもなく投入されている。また素材にもカーボンやアルミが効果的に使用される。480ps/60kg-mという3.8LのV6ツインターボエンジンは、2ペダルMTのデュアルクラッチトランスミッションと組み合わせる。(2007.10)