プジョー508SW GTライン

中古車 > プジョー  > 508SW  > 神奈川県 

  • 508SW GTLine Full Package  車輌詳細・装備内容等お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 人気のデモアップ車をはじめ、厳選した認定中古車を取り揃えフェア開催中です。詳しくはスタッフまで。皆様のお問い合わせ、ご来店を心からを待ちしております。
  • 期間中にプジョー認定中古車をご成約、11月末までに登録可能なお客様に『30,000円』分のオプションクーポンをプレゼント!。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。*当店取扱い商品に限ります。
  • 優れたユーティリティスペースを持ちながら、実用性だけに流されず、スポーツクーペのごときスリークな佇まい。
  • ピアノフィニッシュのハイセンターコンソールとカーボン調のダッシュボードに囲まれたi-Cockpit
  • ナッパレザーシート(ブラック/運転席メモリー付)
  • リヤシート ナッパレザーシート 6:4分割可倒式
  • 標準装備のSDナビゲーションシステム/TVチューナー(パイオニア製)
  • 8インチタッチスクリーン エアコン操作・メディア再生・ハンズフリー通話。ドライバーアシスタンス・SDナビゲーションの情報表示と操作ができます。
  • 視線の高さにはカスタマイズが可能な12.3インチフルデジタルのヘッドアップインストルメントパネル
  • ワイヤレス充電器 ワイヤレス充電規格Qiに適合したスマートフォンなどを置くだけで充電できます。
  • エレクトリックオートマチックシフトコントロール 軽快な操作感が特長のシフトレバー 8速エフィシェントオートマチックトランスミッション EAT8
  • フロントパワーシート(フロントリクライニング/フロント8ウェイ/運転席メモリー付) フロントシートヒーター マルチポイントランバーサポート
  • ハンズフリー電動テールゲート バンパの下で足を少し動かすだけでテールゲートが自動的に開く便利なシステム。 ダッシュボード、スマートキーのボタンでも開閉が可能です。
  • フルLEDヘッドライト/スタティックコーナーリングランプ まるで獅子の牙をを思わせるLEDデイライト!
  • パノラミックサンルーフ
  • ラゲッジスペースの容量は標準で530? リアシートをすべて折りたためば1,780?の大容量!
  • 1.6LPureTechツインスクロールターボエンジン
  • 18インチアロイホイール
  • フロントビュー

プジョー508SW GTライン の基本情報

  • 508SW
  • GTライン
  • 本体価格:478.0万円(税込)
  • 支払い総額:491.6万円(税込)
お気に入りに追加
年式 21(R3)(年式(初度登録年)) ミッション フロア8AT5MT
走行距離 30km 乗車人数 5
車検 24(R6)/03 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1600cc ドア 5
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 768
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:2024年3月 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR ナッパレザーシート/ナイトビジョン/フルパークアシスト/360°ビジョン(フロントカメラ付)/パノラミックサンルーフ ハンズフリー電動テールゲート SDナビ&ETC2.0

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ × TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ
本革シート 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

プジョー 508SW GTラインを販売している販売店情報

販売店名 プジョー相模原 link
販売店住所 神奈川県相模原市南区上鶴間本町9-1-12
電話番号 042-701-1705

プジョー 508SWの最新モデル

ワゴンの概念を変えることを目指した意欲作

「サルーンの概念のすべてを変える」をテーマに2019年3月に日本市場でデビューを果たした508のステーションワゴン。サルーンモデル同様に掲げられたテーマは、「ステーションワゴンの概念のすべてを変える」であり、ステーションワゴンらしからぬスリークなスタイルを実現。リアオーバーハングはサルーン比で40mm延長され、ユーティリティ性能の向上も図られている。パワートレインはサルーンに準ずるもので、最高出力180ps/最大トルク250N・mを発生する1.6Lガソリンターボと、同177ps/400N・mを発生する2Lディーゼルターボの2種類。いずれも8速ATが組み合わされる。足回りにはアクティブサスペンションが採用された(2019.6)