ホンダN-BOX 660 EX

中古車 > ホンダ  > N-BOX  > 佐賀県 

  • N-BOX 660EXです!純正メモリーナビ、リアカメラ、ETC、パワースライドドア、LEDヘッド、シートヒーター、リアスライドシート他、充実しています!
  • 最新のLEDヘッドライトです!省電力で、明るく遠くまで照らし、夜道や雨天時などの安心感を高めます!
  • ホンダ純正メモリーナビ搭載なので、遠方へのドライブもお任せ下さい!
  • Hondaセンシング搭載!ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識。ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する先進のシステムです!
  • ドアミラーにLEDウインカーがついているので、周囲にアピールできますね。
  • Nシリーズは、HONDA独自のセンターレイアウト燃料タンクで、重量バランスも良く、フロアがとても広く使えるので、見た目以上の車内空間を実現しています。
  • ボディカラーは、ルナシルバーメタリックで、夜に浮かぶ月のように、陰影のなかに輝きを放つダークなシルバーです!
  • 後退時にもバックの確認がしやすい設計になっています!バックカメラも目立たないよう、取り付けられています。
  • プライバシーガラスとリアワイパーが装備されています。
  • 現車を確認できる方へ販売いたします。当社サービススタッフにてHONDA純正部品を使い点検整備を実施し、その後、ご納車させていただきますのでご安心してご利用いただけます。
  • ナビ機能だけでなく、Bluetooth、CD再生などのオーディオ機能がついています!
  • 便利な3ビュー切り替え、ガイド線表示付きのバックカメラです!後退時、後方の視界をサポートします!
  • 足元スッキリ、インパネシフトです。パーキングブレーキはフットブレーキタイプなので、運転席と助手席の間がスッキリしています。
  • ハンドルの右側にあるボタンが高速クルーズコントロールです。アクセルペダルを踏まずに設定速度をキープ。高速道路でのドライブがラクに。また、左にオーディオリモコンスイッチがあります。
  • 左側に高速で便利なETCがあり、また、便利な電動スライドドア、横滑りを防ぐVSAなどのスイッチは、運転席の右側、手の届きやすい位置にあります。
  • フロント広々、ベンチシートの運転席は、ハイトアジャスターが付いているので、快適にドライブができます。ハンドルはチルトステアリングで、ハンドル位置を上下に調節できます。
  • スライドリアシートです!リアシートは、19cmスライドでき、3段階リクライニングもできます!また、日差しを和らげるロールサンシェイドも付いています。また、リアシート座面を跳ね上げる事ができます。
  • リアシートがあっても、しっかり荷物を積む事ができます。
  • センターレイアウト燃料タンクなので、リアシートは足元まで収納でき、ラゲッジスペースはフラットで広がります。
  • スチールホイールには、ホンダ純正のホイールカバーが付いています。

ホンダN-BOX 660 EX の基本情報

  • N-BOX
  • 660 EX
  • 本体価格:163.8万円(税込)
  • 支払い総額:172.5万円(税込)
お気に入りに追加
年式 21(R3)(年式(初度登録年)) ミッション インパネCVT5MT
走行距離 0.3万km 乗車人数 4
車検 24(R6)/02 ハンドル 右ハンドル車
排気量 660cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 663
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:2年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR 当社デモカーUP!ルナシルバーM!純正メモリーナビ、リアカメラ、ETC!オートエアコン、シートヒーター、LEDヘッド、パワースライドドア、リアスライドシート他

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV ×
ETC ABS
アルミホイール × サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

ホンダ N-BOX 660 EXを販売している販売店情報

販売店名 ホンダカーズ福岡 U-Select鳥栖 link
販売店住所 佐賀県鳥栖市真木町1976-1
電話番号 0942-81-5077

ホンダ N BOXの最新モデル

安全装備も充実した2代目軽ハイトワゴン

軽乗用車の枠を超えた車格感や、空間の豊かさで人気となった軽ハイトワゴンの2代目。全タイプにLEDヘッドライトが採用されるなど、細部にわたって洗練と上質さが追求された。高効率フロアフレーム構造や、高張力鋼板の適応拡大、新たな接合技術を導入することで、従来型比80kg減の軽量化と高剛性化を両立。パワートレインも新設計された。さらに、CVTやサスペンションの高性能化などにより、安心感のある走りと低燃費、快適な乗り心地が実現されている。安全整備も充実されており、ホンダの軽乗用車では初採用となるホンダセンシングには、衝突軽減ブレーキなど従来の8機能にオートハイビームと後方誤発進抑制機能も追加された(2017.9)