メルセデス・ベンツEクラス E200 アバンギャルド スポーツ

中古車 > メルセデス・ベンツ  > Eクラス  > 神奈川県 

  • 当サイトへようこそ! メルセデス・ベンツ厚木サーティファイドカーセンターです お気軽のお問い合わせ下さい
  • 当サイトへようこそ! メルセデス・ベンツ厚木サーティファイドカーセンターです お気軽のお問い合わせ下さい
  • 中古車「サーティファイドカー」には、最大100項目にも及ぶ点検・整備項目が設定されています。
  • メルセデスの認定中古車「サーティファイドカー」では、万一お車が故障した場合も、ご購入後1年間もしくは2年間※は走行距離にかかわらずメルセデス・ベンツ正規サービスネットワークで無料修理いたします。
  • ここまでの新車登録車両と変わらない安心をご提供できるのも、サーティファイドカーが、正規販売店での徹底したチェックと整備を経て、独自の厳しい基準をクリアした車であるからこそなのです。
  • この点検・整備は、厳しい基準に適合し充実の設備を備えたサービス工場において、メルセデス・ベンツに精通したサービス・スタッフが入念に実施。
  • メルセデスの認定中古車「サーティファイドカー」では、専用のコールセンターにオペレータが24時間365日待機。
  • 軽量で高精度に製造されたホイールは、走行安全や燃費性能にも貢献しています。
  • 万一走行不能となった場合でも、現場での応急処置、車両の牽引、ドライバーや同乗者の移動の手段の手配などを、無料でサポートします
  • お客様に、車両状態をより木目細かく見て戴けるように、全方向・さまざまな角度より掲載しております。シートに付きましては、全てご覧戴けるように、掲載しております。
  • メルセデスの認定中古車「サーティファイドカー」では、専用のコールセンターにオペレータが24時間365日待機。
  • お客様に、車両状態をより木目細かく見て戴けるように、全方向・さまざまな角度より掲載しております。シートに付きましては、全てご覧戴けるように、掲載しております
  • メルセデス・ベンツ純正ナビも付いております。地デジ、IPOD、BLUETOOTH装備で快適なドライビングを実現します。
  • シートは疲れにくい構造となっており、スイッチ類の配置は人間工学に基づいて設計されています。ドライバーや同乗者が安全かつ快適に目的地までたどり着けるように、細かい部分にまで気が配られています。
  • サイドの張り出しを強め新形状のシートパッドの採用により乗員の身体をしっかりサポートします。
  • 見た目の美しさばかりではなく各種操作系が機能的にレイアウトされているため、安全な運転操作が可能です。
  • 厳選された高級素材と洗練されたデザインによる広々としたハイグレードな室内空間です。
  • 見た目以上に広々とした空間です。大きな荷物も軽々と積むことが可能にも関わらず、ラグジュアリー感を損なわない作りになっています。
  • 厳選された高級素材と洗練されたデザインによる広々としたハイグレードな室内空間です。

メルセデス・ベンツEクラス E200 アバンギャルド スポーツ の基本情報

  • Eクラス
  • E200 アバンギャルド スポーツ
  • 本体価格:378.0万円(税込)
  • 支払い総額:402.7万円(税込)
お気に入りに追加
年式 16(H28)(年式(初度登録年)) ミッション コラム9AT5MT
走行距離 2.1万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2000cc ドア 4
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 054
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:2年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR お気軽にお問い合わせ下さいフリーダイヤル0078-6002-760186まで車輌詳細等お気軽にお問い合わせ下さい!!

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ HDDナビ
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ × TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

メルセデス・ベンツ Eクラス E200 アバンギャルド スポーツを販売している販売店情報

販売店名 メルセデス・ベンツ厚木 サーティファイドカーセンター link
販売店住所 神奈川県厚木市金田118-3
電話番号 046-297-0866

メルセデス・ベンツ Eクラスの最新モデル

最新技術が与えられた中核ミドルサイズセダン

メルセデス・ベンツのEセグメントセダン。同社の最新デザインを取り入れたエクステリアとSクラス譲りの上質なインテリアが備えられた。また、自動運転開発のステップとなる新技術「ドライブパイロット」を採用。混雑時や高速道路での渋滞の際に、自動運転によりドライバーにかかる負担を大きく軽減させるというもの。具体的には先行車を自動追従するほか、ウインカーを2秒以上点滅させると行き先の車線に車両がいないことを確認して自動で車線変更をする。エンジンは2L直4直噴ターボのガソリンとディーゼル、3.5LのガソリンV6ターボをラインナップ。ディーゼルは新開発のユニットだ(2016.7)