プジョー106 S16

中古車 > プジョー  > 106  > 北海道 

  • お支払い総額78万円!車検満タンにしてこのお値段!!納車前の点検・整備はもちろん、精一杯の美装後のお渡しです!★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • プジョー106 S16!5MT!FF!スーパースプリント製マフラー!ETC!★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • 営業時間は、午前10時から午後8時となっております。お車でのご来店が難しいようでしたら最寄駅まで送迎も行ってますのでお気軽にお申し付けください。地下鉄は『栄町』、電車は『あいの里教育大前』になります。
  • 購入時のサービスプランで、希望ナンバー・下回り防錆処理・社外HIDライトへ変更も可能です!お気軽にご相談ください★☆ETC、オーディオ、カーナビ、エンスタ、ドライブレコーダーなどの取り付けや移設も可能です。
  • 道内、全国各地への格安陸送も可能です☆★☆遠方の方もお気軽にお問い合わせください!車の状態など写真ではわからない部分は詳しいお話が出来ると思いますのでまずは一度お電話でのご連絡をお待ちしております!
  • 各種オートローンも取り扱っておりますので、ご予算に合わせた無理のないお支払いプランをご提案いたします!。★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • ご購入後のオイル交換やタイヤ交換などの日常メンテナンス、車検や事故対応のご相談ももちろんOKです!ドレスアップやカスタマイズもお任せください☆車好きの当社スタッフが親身にご要望にお答えします。
  • ★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • ハーフレザーシート!★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • 社外ナビに交換もご相談ください!★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • ★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • CDが聞けるオーディオがつきます★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • ★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • 5速マニュアル!★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • フラットになります★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • トノカバー付き!★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • ETC搭載!★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • ★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★
  • ★☆★お問い合せは011-887-6699までお気軽にどうぞ★☆★

プジョー106 S16 の基本情報

  • 106
  • S16
  • 本体価格:68.0万円(税込)
  • 支払い総額:78万円(税込)
お気に入りに追加
年式 01(H13)(年式(初度登録年)) ミッション フロア5MT5MT
走行距離 15.8万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 左ハンドル車
排気量 1600cc ドア 3
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 423
リサイクル リ済込
修理歴 修復歴無し
保証 保証無
整備 整備込
PR 車検満タンにしてこのお値段!お支払い総額78万円!安心の全車点検・整備後のお渡しです!プジョー106 S16!5MT!FF!スーパースプリント製マフラー!ETC!

オプション

エアコン パワステ ×
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー × エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV ×
ETC ABS ×
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

プジョー 106 S16を販売している販売店情報

販売店名 garage KLS link
販売店住所 北海道札幌市北区篠路町拓北6番303
電話番号 011-887-6699

プジョー 106の最新モデル

キビキビとした走りで人気の高いヨーロピアンコンパクト

106はプジョー1990年代の端緒となったモデルだ。シトロエンAXとほぼすべてのコンポーネンツを共有する。デビュー当初は1Lから1.6Lのガソリンエンジンを搭載する3ドアハッチモデルであったが、後に5ドアモデルもラインナップされている。日本へは1995年から導入が始まり、最上級グレードであった100ps・1.6L直4SOHC8バルブの3ドアハッチバックXSiのみが輸入された。左ハンドルの5速マニュアルミッションのみという設定で、もてるパワーを100%駆使してキビキビ走れることから、最もヨーロッピアンコンパクトらしいクルマとして、クルマ好きからの評価が高かった。さらに、当時はエアコン装備の問題などから正規輸入には至らなかったラリーというスポーツモデルも存在し、一部のマニアから高い支持を得ていた。後にマイナーチェンジ後のS16のみとなり、エンジンは同じ1.6LながらDOHC化された高性能版を搭載する。もちろん5MTのみという硬派ぶりだ。(1995.4)