フェラーリ488ピスタスパイダー F1 DCT

中古車 > フェラーリ  > 488ピスタスパイダー  > 神奈川県 

  • ボディーカラーと内装は、Bianco Italia/Carta Da Zucchero(白/ブルーグレー)の組み合わせです。
  • 只今、買取キャンペーンを行っております。詳しくは、みなとみらい・葛が谷ショールームへお問い合わせください。*みなとみらい(tel 045-680-4465)*葛が谷(tel 045-949-4461)
  • 内装はZuccheroのレザーとBlu Medioのアルカンターラの組み合わせで落ち着いた仕上がりです。
  • 20インチダイアモンドリムの鍛造ホイールを装備しております。
  • キャリパーは黄色が選択されております。
  • リトラクタブルハードトップは約14秒で開閉でき、時速45キロまで開閉可能ですので急な雨でも安心です。
  • サスペンションリフターが付いておりますので、段差のある駐車場や入り口など安心です。
  • クローズの状態でもクーペラインが美しく、スタイリッシュな印象です。
  • ハンドルも内装カラーに合わせて色を変更しております。人気のドライバーゾーン+LED付きカーボンハンドルが装備されております。
  • レブカウンターの左側には、水温・油温やタイヤの空気圧などを表示することができます。
  • 中央のレブカウンターは黄色が選択されております。
  • レブカウンターの右側にはナビゲーションもついております。
  • アップルカープレイがオプションで装備されております。
  • アップルカープレイがオプションで装備されております。
  • シートは多少の使用感はございますが、全体的にきれいな状態です。Zuccheroのレザーをメインに仕上げた内装です。
  • カーボンファイバーのセンターブリッジには、リバース・スイッチ、オート・スイッチ、ローンチコントロール・スイッチが配置せれています。
  • カーボンファイバーのレーシングシート(M)が装備されております。
  • シートセンターのラインやステッチ、跳ね馬の刺繍はスペシャルカラーのBaby Bluが選択されており、3つのブルーのコントラストが美しい仕上がりです。
  • シートベルトも青が選択されており統一感がございまます。
  • 内装のいたる所にスポーティーなカーボンパーツと、鮮やかなブルーのアクセントが目を引く仕様です。

フェラーリ488ピスタスパイダー F1 DCT の基本情報

  • 488ピスタスパイダー
  • F1 DCT
  • 本体価格:8000.0万円(税込)
  • 支払い総額:8055.7万円(税込)
お気に入りに追加
年式 19(R1)(年式(初度登録年)) ミッション コラム7AT5MT
走行距離 0.4万km 乗車人数 2
車検 22(R4)/09 ハンドル 右ハンドル車
排気量 3900cc ドア 2
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 086
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR お車の詳細は当店スタッフまでお気軽にご相談ください。 TEL:045-949-4461アップルカープレイ レーシングリベリー リフター 20インチダイヤモンド仕上げ鍛造ホイール

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ HDDナビ
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ × TV ×
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

フェラーリ 488ピスタスパイダー F1 DCTを販売している販売店情報

販売店名 Nicole Competizione link
販売店住所 神奈川県横浜市都筑区葛が谷15-40
電話番号 045-949-4461

フェラーリ 488ピスタスパイダーの最新モデル

フェラーリが生み出した50代目のオープンモデル

レースから生まれた最高の技術ソリューションと、オープンエアドライブの楽しさを組み合わせ、1.92kg/CV(馬力)というパワーウェイトレシオが与えられた、フェラーリ史上最もパワフルなスパイダーモデル。エンジンは、3.9L V8ツインターボで、最高出力720ps/最大トルク770N・mを発生する。「F1 7速デュアルクラッチトランスミッション」との組み合わせで、0-100km/h加速2.85秒、最高時速は340km/hを実現している。また、このユニットは環境性能にも配慮されたものにしたてられた。488スパイダー比で、30mm高く、40mm伸ばされたスポイラーなど、ダウンフォースの強化をはじめとするエアロダイナミクスも追求された。(2018.10)