スバルレガシィツーリングワゴン 2.0 GT-B Sエディション 4WD

中古車 > スバル  > レガシィツーリングワゴン  > 愛知県 

  • ☆当店拘り仕上げのSエディション第二段☆当店のSエディション達は弊社代表の『ねぇ、この車達、10年くらいガレージに隠しておこうかな・・』という車屋らしからぬ葛藤に打ち勝つ事で、掲載されております☆
  • ☆新店舗7周年記念☆本格ボディーガラスコーティング御納車時全台無料施工に加え、御要望の多かったガソリン満タン御納車という『特大二大プレゼント』を『どちらか』ではなく『どちらも』お付けする太っ腹企画☆
  • 今回のSエディションは、少々早めのタイミングではありますがタイミングベルト、Wポンプ、各テンショナー、カム&クランクシールまでキッチリ交換、
  • 外したついでに?定番ウィークポイントであるオルタネーターをリビルト品に、そしてせっかくWポンプ交換したのにココから漏れ出したら意味が無いと、ラジエターも新品交換済み☆
  • 当車両は走行距離こそ多いものの、前オーナー様のお陰で当店入庫段階でケチを付ける場所も見当たらないクオリティーを維持☆
  • 手間暇掛けて、勿論お金も掛けてキッチリと仕上げる商品車、当たり前の事ですが『一切の不安の無い良質車両』をベースに心を込めて仕上げております☆
  • 『たまたまレガシィが入庫したお店』ではなく、『年中レガシィの事を考え、レガシィを探し求め、家族に愛想を尽かされた社長が運営するお店』、それがオートトラストです☆
  • BH型最終の平成15年式と言えど、既に18年が経過するお車です。走行距離はある程度多い物が『自然』です。
  • その走行距離だけに捉われない、良質なBH,BE型をお取り扱いする』のが、長らく当モデルをお取り扱いしている当店の使命かと考えております☆
  • PROVA製ダウンサスで、見た目も走りにも『丁度良い』下がり具合です☆
  • 4本共、新品交換済み☆
  • Sエディション、MT車、更にはWRブルーとなると仕入れ段階で既に高額になりがちです☆更に妥協無く各部交換整備を実施された良質車両、是非この機会に御検討下さいね☆
  • 入庫時に当店代表が100キロを超える距離の試運転を実施☆
  • 当モデルの販売経験豊富な当店だからこそ、セールスポイントだけでなくウィークポイントまでもしっかり把握し、検査済み☆
  • 年式、古さを感じさせず、今尚『憧れ』すら感じる特別な一台、それが『最後のボクサーサウンド』を奏でるBH5型レガシィツーリングワゴン☆
  • マフラーはニュルスペック☆大き過ぎず、静か過ぎず、丁度良いボクサーサウンドを奏でてくれます☆
  • 目の覚めるような、鮮やかなブルー☆
  • 本当に久々のWRブルー・・・長く、いつまでもこのまま店頭に並んでいて欲しいくらい・・・←車屋に不向き(笑)
  • 年式的に塗装がオツカレサマなお車も多いですが、御覧の綺麗な状態を維持しております☆
  • 適度なローダウン☆見た目はもちろん、快適性も損なわない『丁度いい』仕上がり☆

スバルレガシィツーリングワゴン 2.0 GT-B Sエディション 4WD の基本情報

  • レガシィツーリングワゴン
  • 2.0 GT-B Sエディション 4WD
  • 本体価格:87.0万円(税込)
  • 支払い総額:---
お気に入りに追加
年式 03(H15)(年式(初度登録年)) ミッション フロア5MT5MT
走行距離 17.0万km 乗車人数 5
車検 22(R4)/03 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2000cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 003
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証無(有償保証あり)
整備 整備別(整備費用:\)
PR ☆希少Sエディション、5MT☆当店代表拘り仕上げ☆☆タイミングベルト一式に加え、定番のオルタ&ラジエター、タイヤ4本も新品交換☆要在庫確認☆

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ カーナビ ×
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ ローダウン車
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD パワーウィンドウ
CDデッキ TV ×
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

スバル レガシィツーリングワゴン 2.0 GT-B Sエディション 4WDを販売している販売店情報

販売店名 オートトラスト名古屋 link
販売店住所 愛知県豊田市田中町1-118-5
電話番号 0565-42-5995

スバル レガシィツーリングワゴンの最新モデル

ゆとりある居住空間を確保するためボディを拡大

グランドツーリング イノベーションがコンセプトの5代目は、乗る人すべてが快適に過ごせる居住空間の確保が目指され、ボディをひと回り拡充。伝統の技術はもちろん、新たにゆりかご状のフレームにパワーユニットを搭載する「クレードル構造マウント」が採用され、静粛性や衝突安全性の向上が図られた。エンジンは伝統の水平対向4気筒で、排気量は2.5L。実用性重視のSOHCと、ターボを備えたDOHCターボの2種類が用意され、前者には新開発されたCVT「リニアトロニック」が組み合わされる。後者にはマニュアルモードを備えた5ATと6MTを設定。全車にインテリジェント/スポーツ/スポーツ・シャープの3つのモードを切り替えられるSIドライブが採用されている。(2009.5)