マツダアクセラスポーツ 1.5 15S プロアクティブ

中古車 > マツダ  > アクセラスポーツ  > 宮城県 

  • エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーの全ての基本技術を革新したスカイアクティブテクノロジーの爽快な運転フィールは、いつもの道を走り出した瞬間に体感できます!
  • 見てください!この大迫力なフロントフェイス!今のマツダを象徴する力強さが印象的です!
  • MAZDAの第6,7世代商品群は優待金利3.9%でご用意しております。お気軽にお問合せください!
  • 安全装備充実のサポーカー対象車両になります!!
  • 大切な愛車にはボディーコーティングはいかがでしょうか?当社では、皮膜のかたいガラスコーティング『MG-Rコーティング』をおススメしています。撥水効果はもちろん、ボディの艶、小傷もつきにくくなります。
  • 【SKYACTIV-G】高圧縮燃焼によりエンジンの効率を高め、燃費と低中速トルクが向上し実用域での使いやすさを追求した新世代高効率・直噴ガソリンエンジン!
  • 人間を中心とすることを重視したインテリアデザインで、特に大事にしたのはクルマとの一体感を感じる心地よい包まれ感です。
  • ドライバーがまっすぐ適正な姿勢で座り操作できるマツダならではのペダルレイアウトで運転をしやすく、疲れにくい運転席です
  • セカンドシートは厚みがあり、大人の方が長距離ドライブされても疲れにくいシートになっています。
  • 開口部も大きく楽に荷物を入れることが出来ます。また左右に配置されているレバーを引くことでシートを倒すことも出来ます。後席シートは‘中央だけ’を倒す事も可能です!スキー板などの載せても4名乗車可能です!
  • 6:4可倒式分割シートですので長めの荷物を積み込んでの3人乗車が出来ます。
  • 白色の立体的なメモリとシルバーのメーターリング・ホワイト照明で見やすくスポーティなデザインのメーターです。
  • ナビも装備で遠方へのお出かけの際にも安心です!
  • バックカメラ搭載済み!駐車が苦手な方も安心して駐車ができます。また、後方確認にも使うことができますのでとても便利です。
  • 便利な『オートエアコン』装備となっております。ボタン1つで、快適なドライブが満喫できます♪また、シートヒーターは冬場の寒い時期に大変助かりますよね。
  • ステアリング左にはオーディオスイッチをまとめて配置しており、運転中のオーディオ操作による危険を減らしてくれます。
  • ステアリング右には運転支援系システムがまとまっており、運転中の操作の迷いを少なくしてくれます。
  • 安全装備関連のスイッチもまとめられています!
  • ETC搭載済みです!高速道路の乗り降りを車を止めずに支払いが完了するのでとても便利です。
  • LEDヘッドライトが付いております!より遠く、より広く、より明るく、照らしてくれます!そのため、夜間の走行も運転もしやすく見やすいです。ハロゲンライトに比べ、消費電力も少なく、長寿命で効率的!

マツダアクセラスポーツ 1.5 15S プロアクティブ の基本情報

  • アクセラスポーツ
  • 1.5 15S プロアクティブ
  • 本体価格:179.8万円(税込)
  • 支払い総額:192万円(税込)
お気に入りに追加
年式 18(H30)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 0.7万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1500cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 515
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR 納車1月後に無償点検もございます。購入後のアフターも当店にお任せ下さい。JAFやオイル交換と点検がセットになった商品もご用意しておりますので合わせてご検討下さい。

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

マツダ アクセラスポーツ 1.5 15S プロアクティブを販売している販売店情報

販売店名 (株)東北マツダ 六丁目ユーカーランド link
販売店住所 宮城県仙台市若林区六丁の目東町7-21
電話番号 022-287-3151

マツダ アクセラスポーツの最新モデル

SKYACTIV技術と魂動デザインを採用

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバック。躍動的なエクステリア、コックピット感覚のインテリアなど、魅力的なデザインが与えられている。また、TwitterやFacebookとも連動するヒューマンマシンインターフェイス「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」が採用されている。エンジンは、新たに投入された1.5Lガソリンの「SKYACTIV-G 1.5」と、アテンザでもおなじみの2Lガソリン「SKYACTIV-G 2.0」、2.2Lディーゼル「SKYACTIV-D 2.2」というラインナップになる(2013.11)