マツダCX-5 XDプロアクティブ ETC バック&サイドモニター

中古車 > マツダ  > CX-5  > 愛知県 

  • 無駄の無い美しさを突き詰めたデザインテーマ「魂動」、走る歓びと優れた環境安全性能を作り出すスカイアクティブテクノロジーが組み込まれたマツダ自信のSUVです♪
  • 「クルマらしい美しいプロポーション」を目指して、魂動デザインのもと、機能性もしっかりと考慮した素晴らしいデザインのお車となりました。
  • オーバーハングを短くし、4隅にタイヤを配置することで、力強く伸びやかなデザインとなっています。
  • 乗る人へのストレスを低減させ、長距離の移動でも疲れにくい車を目指して創られた、すべてが新しく生まれ変わったマツダの車をぜひ体験してください!
  • マツダコネクトの7インチWVGAディスプレイです。センターコンソールのコマンダーコントロールでの操作に加えて、タッチパネルにもなっていますので、画面にタッチしての操作も可能です。
  • バックカメラの映像はナビへと映し出されます。大きな画面で確認ができて安心です!
  • 左ドアミラーにはサイドカメラを装備しています。運転席からでは確認が難しい左フロントタイヤ近辺をモニターへと映し出します。
  • 死角からの接近車両を検知するブラインドスポットモニタリング機能や、衝突被害を軽減させるスマートシティブレーキサポートも完備しています!
  • ナビ&オーディオ操作ダイヤル「コントロールコマンダー」は自然と手の触れる位置に配置されています。目線を外すことなく手元で操作できます。また、パーキングブレーキは電動式となっております。
  • シンプルに見えるメーターパネルですが、良く見ていただくと、手の込んだ加工が施されたことがお分かりいただけます。
  • ステアリングには各種スイッチを配置。左手は主にオーディオの操作が行えます。
  • 右手は「クルーズコントロール」の操作が行えます。
  • 余計な操作の手間が無いオートエアコン。視線の移動や手を動かす必要がないということは、安全装備のひとつとも言えるでしょう。
  • CD/DVDのほか、USB接続ポートにAUX端子を装備しています。スマートフォンやミュージックプレーヤーなどの接続に最適です。もちろんブルートゥース接続にも対応しています!
  • ロックアップ領域を拡大し、よりスムーズでダイレクトなドライビングフィールを実現したスカイアクティブドライブを搭載しています。
  • i-STOP、ブラインドスポットモニタリング、車線逸脱警報システム等のON/OFFスイッチはこちらから♪
  • エンジンスタートはプッシュボタン式を採用しております!
  • ETC車載器は専用ボックスにてバイザー裏に隠れて装着されております。
  • 雨の量や走行スピードに応じて自動でワイパーを作動してくれます。
  • オートライト機能搭載!ヘッドライト消し忘れ防止にも役立ちます!

マツダCX-5 XDプロアクティブ ETC バック&サイドモニター の基本情報

  • CX-5
  • XDプロアクティブ ETC バック&サイドモニター
  • 本体価格:159.8万円(税込)
  • 支払い総額:171.2万円(税込)
お気に入りに追加
年式 16(H28)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 4.6万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2200cc ドア 0
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 178
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR クリーンディーゼルエンジンのトルクフルな走りで坂道も軽快に上ります!ETC☆ナビSD☆クルーズコントロール☆バック&サイドモニター

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

マツダ CX-5 XDプロアクティブ ETC バック&サイドモニターを販売している販売店情報

販売店名 東海マツダ販売(株) 三河安城ユーカーランド link
販売店住所 愛知県安城市横山町大山田中76-3
電話番号 0566-75-3111

マツダ CX-5の最新モデル

走る歓びを深めたクロスオーバーSUV

マツダのグローバル販売の4分の1を占める、基幹車種となったクロスオーバーSUVの2代目。ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、あらゆる領域で「走る歓び」が深化。デザインはマツダ独自の「魂動(こどう)Soul・of・Motion」のコンセプトをより高い次元へと昇華。また、同社の国内仕様車では初採用となる、0?100km/hの車速で追従機能を可能とする、マツダレーダークルーズコントロールが備えられた。エンジンは従来型と同様に、2.2Lのディーゼルターボと、2.5Lおよび2Lのガソリンエンジンをラインナップ。ディーゼルは細かな改良が施され、ノック音を低減。静粛性、走りの滑らかさが向上された(2016.12)