マツダCX-5 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボ

中古車 > マツダ  > CX-5  > 東京都 

  • マツコネナビ☆フルセグTV☆ETC☆ALH☆アドバンストSCBS☆BSM☆レーンキープアシスト☆MRCC☆シートヒーター☆運転席電動シート☆バックカメラ☆
  • 人とクルマ、そして外の世界と繋がる「マツダコネクト」。AM/FMラジオや、Bluetooth機能等、充実した装備です
  • 車庫入れもこれでラクラク☆★バックカメラ♪♪
  • Bluetooth・TV・DVD・USB×2・AUX
  • 衝突被害軽減ブレーキをはじめ、国が推奨する自動車安全コンセプト「 セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の「ワイド」に該当する先進安全技術を標準装備しています。
  • MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)は先行車との車間を維持しながら追従走行を行い、長距離でのドライバー負担を軽減させてくれます。
  • ALHは、複数に分割したLEDを個別に自動点灯/消灯し、面倒な操作なしに夜でも見やすい前方視界をつくり出します。
  • 冬場に嬉しいシートヒーター・ステアリングヒーター。早く温まるので嬉しいですね♪
  • スマートインタイプのETC装着済み。運転席のサンバイザーの裏に収納してあるため、とてもスッキリしております!!
  • 運転席側は、ご自身のシートポジションを記憶させる事ができます。ご主人様と奥様で、それぞれ設定するのもいいですね♪♪
  • リアシートも適度なホールド感で長時間のドライブも苦になりません。後ろに乗っている方まで、車と一体になったような感覚になるほどの快適さです♪
  • ワイド感のある収納スペース☆旅行の時にも大活躍です♪
  • 納車前にきっちりとした整備を行ってお渡し致します☆★快適にお乗りになれますよ♪
  • マツダはアルミホイールにも妥協しません!!ボディ形状と同様に、こだわりぬいたアルミホイールはデザイン一つで見た目が変わりますよ!!
  • 万が一の時にも、ドライブレコーダーがあれば映像を残せるので安心ですね♪
  • 命あるものだけが持つ、生き生きとした体の動き。その凛とした緊張感とスピード感。力強くも美しい動きのエネルギーをクルマに再現し、魂を吹き込む。「魂動」デザインの真髄
  • SKYACTIV-BODY。「人馬一体」の走りのために、ドライバーの運転操作に対してクルマが忠実に応答して正確に動かす骨格を実現しています。
  • Be a driver。ドライバーとクルマの関係をもっともっと深いものへと変えていく。マツダのクルマ造りに対する想いが込められています。
  • 走りが楽しくてこれまでになく環境・安全性能に優れたクルマ。それがスカイアクティブテクノロジー!!
  • どこまでも走り続けそうなダイナミックなデザイン!360°どこから見ても飽きがこない、見るたびに笑顔になれるデザインを目指しました♪

マツダCX-5 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボ の基本情報

  • CX-5
  • 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボ
  • 本体価格:262.5万円(税込)
  • 支払い総額:277.5万円(税込)
お気に入りに追加
年式 18(H30)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 1.2万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2000cc ドア 5
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 112
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:12ヵ月 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR 見ただけで動きを感じる、躍動感を表現したデザイン♪♪03-3694-1456(関東マツダ新小岩店)までお電話お待ちしてます☆★

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

マツダ CX-5 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボを販売している販売店情報

販売店名 関東マツダ 新小岩店 link
販売店住所 東京都葛飾区東新小岩2-26-7
電話番号 03-3694-1456

マツダ CX-5の最新モデル

走る歓びを深めたクロスオーバーSUV

マツダのグローバル販売の4分の1を占める、基幹車種となったクロスオーバーSUVの2代目。ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、あらゆる領域で「走る歓び」が深化。デザインはマツダ独自の「魂動(こどう)Soul・of・Motion」のコンセプトをより高い次元へと昇華。また、同社の国内仕様車では初採用となる、0?100km/hの車速で追従機能を可能とする、マツダレーダークルーズコントロールが備えられた。エンジンは従来型と同様に、2.2Lのディーゼルターボと、2.5Lおよび2Lのガソリンエンジンをラインナップ。ディーゼルは細かな改良が施され、ノック音を低減。静粛性、走りの滑らかさが向上された(2016.12)