マツダボンゴトラック AtoZ製 アミティ

中古車 > マツダ  > ボンゴトラック  > 茨城県 

  • H18 AtoZ製 アミティ 買取車両 禁煙車
  • メモリーナビ ETC バックカメラ ツインサブバッテリー 外部充電 走行充電 100V 12V 1500Wインバーター
  • FFヒーター ルーフベント 冷蔵庫 シンク 給排水タンク
  • 〒303-0023★茨城県常総市水海道宝町2730に店舗がございます★TEL0297-20-1090★FAX0297-20-1092★営業時間 10:00から19:00★定休日 火曜日
  • 乗車定員6人 就寝目安6人となります。
  • メモリーナビ CD DVD再生 AUX USB入力 地デジ バックカメラ ETC
  • 一般社団法人日本RV協会(JRVA)会員なので安心!
  • ☆全国納車&ローン審査可能☆頭金0円からもOK!最長120回までのお支払い期間!JRVA会員!キャンピングカーは最大180回!審査無料☆メール又はFAXでも簡単審査!お気軽にお問い合わせください!
  • 全席前向き乗車可能となります。
  • ナビで検索の際に♪♪★茨城県常総市水海道宝町2730★TEL0297-20-1090★是非お待ちしております。
  • 高価買取実施中!高く売りたいけど、値段が付かない!色々なお店を回るのが面倒!等々。是非当店にご来店下さい♪頑張ります!!
  • ダイネットベッド展開時ベッドサイズ180cm×130cm 就寝目安2人となります。
  • リヤ二段ベッド 180cm×70cm 就寝目安2人となります。
  • バンクベッドベッドサイズ 180cm×140cm 就寝目安2人となります。
  • 専任の仕入れバイヤーにてこだわりの1台を厳選仕入れ!価格・魅力・レアオプション・センスの良いオンリーワンなお車が見つかります!
  • シンク 給排水タンク 冷蔵庫 キッチン脇収納
  • ツインサブバッテリー 1500Wインバーター 走行充電 外部充電 ルーフベント付となります。
  • 各所スイッチパネル バッテリーメーター
  • 『在庫確認・お見積もりは無料見積クリック!または、0297-20-1090 までお気軽にお問い合わせ下さい!』
  • 当社はベバストFFヒーター正規代理店となりますので取り付けは勿論、修理ご対応も可能です♪その他キャンピング架装部点検修理、パーツの取り付けなどお気軽にご相談下さい♪

マツダボンゴトラック AtoZ製 アミティ の基本情報

  • ボンゴトラック
  • AtoZ製 アミティ
  • 本体価格:249.8万円(税込)
  • 支払い総額:---
お気に入りに追加
年式 06(H18)(年式(初度登録年)) ミッション コラム4AT5MT
走行距離 12.6万km 乗車人数 6
車検 23(R5)/04 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1800cc ドア 0
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 761
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1ヵ月 / 保証距離: 1,000km)
整備 整備別(整備費用:\)
PR 全国ご納車可能です♪お気軽にお問い合わせ下さい!最大3年間保証有!!2サブバッテリー 外部充電 走行充電 1500Wインバーター FFヒーター ルーフベント

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV ×
ETC ABS ×
アルミホイール × サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

マツダ ボンゴトラック AtoZ製 アミティを販売している販売店情報

販売店名 Car Sales yacco 水海道駅前店 キャンピングカー買取・販売専門店 link
販売店住所 茨城県常総市水海道宝町2730
電話番号 0297-20-1090

マツダ ボンゴトラックの最新モデル

使いやすい積載性に安全性能をプラス

コンパクトな車両寸法による、街中での扱いやすさと、毎日の仕事に使いやすい積載性という特長に加えて、充実した先進安全技術を標準装備し、毎日の安心、安全をサポートする商用モデル。4ナンバー枠の車両寸法に最小回転半径4.9mという小回り性を実現。衝突回避支援ブレーキ機能などが備わる、衝突回避支援システム「スマートアシスト」が全車に標準装備された。エンジンは、新開発の1.5Lガソリンで、優れた燃費性能や豊かなトルク特性で、長時間の運転でも快適かつゆとりある走りが実現されている。荷室床面の地上高を低くすることで、荷物の積み降ろしの際の身体の負担も軽減。ステップ高も下げられ、乗降性の向上も図られている。(2020.9)