日産ノート 1.2 X

中古車 > 日産  > ノート  > 埼玉県 

  • 当社の販売地域は、埼玉県を中心に隣接した都・県とさせていただいております。
  • 埼玉トヨタではただいま『買取強化中』です。トヨタ車以外もOK。買取査定料は無料。査定だけでもOK。査定のプロが真心こめて対応させていただきます。
  • 衝突回避や衝突時の被害軽減をサポートする「インテリジェントエマージェンシーブレ-キ」を搭載しています。
  • 【アウトレット】内外装・タイヤ等、通常 中古車展示するうえでは補修・交換しているものを現状で!されど、車両クリーニング・納車整備・保証の「安心」は省かない。それが「埼玉トヨタのアウトレッド中古車」。
  • トヨタの「ロングラン保証」。メ-カ-を問わず、走行距離無制限、埼玉トヨタで中古車をお買い上げいただいたお客様に安心で快適なカ-ライフをお約束する1年間の保証です。有料で延長もできます。
  • 購入後のアフタ-メンテナンスも安心です。埼玉トヨタでは県内39ヶ所のサービス工場でメンテナンスを受けられます。
  • 高揚感の高まる美しいインテリアデザインのコクピット。自然と運転に集中できるように、操作性を考えた機能を隅々に配置しました。
  • 安全運転支援システムを搭載しています。補助機能ですので、安全運転を心がけくださいね。使いやすいパワーウインドウが、さわやかな風をむかえ入れてくれます。
  • 操作性の良いフロアATシフトです。CVTを採用しているので、シフトアップ時の変速ショックも少なく気持ち良くドライビング出来ます。
  • 電子インナ-ミラ-は、リヤカメラの映像をインナ-ミラ-に表示します。視界を遮らないので後方の確認が快適です。
  • Pioneer製カロッツェリアナビ(AVIC-RZ500)を搭載しています。目的地設定などタッチパネル式でラクラク操作!ナビ画面が開き、CDなどの再生ができます。お好きな音楽を聴きながら快適ドライブ!
  • 「ETC」を装備しています。有料道路の料金所を徐行しながらノンストップで通過出来る便利なアイテムです。
  • マニュアル式エアコンを装備しています。快適な室内温度でお過ごしください。
  • 快適な広さとクッション性で乗る方を優しくサポートします。
  • 大きく開くドアによって、足元の開口部も広いため乗降時の足のすり抜けがスムーズです。
  • 後席空間もしっかり確保。分割可倒式シートを採用しています。広い室内をいかして、ゆったりと配置されたリヤシートです。
  • コンパクトカーとはいえ、広々としたラゲッジルームです。収納力がレジャーの可能性をひろげます。長さがある荷物を積む際にも後部座席を倒したりするなどアレンジが可能なので非常に便利です。
  • 暖かく優しい自然な色合いが特長のハロゲンランプ。明るい光で夜間の走行を助けます。
  • 185/70R14サイズのタイヤを装着しています。デザインの良いホイールキャップを装着しています。
  • 取扱い説明書&整備手帳付。スマートキーを装備しています。

日産ノート 1.2 X の基本情報

  • ノート
  • 1.2 X
  • 本体価格:49.5万円(税込)
  • 支払い総額:57万円(税込)
お気に入りに追加
年式 17(H29)(年式(初度登録年)) ミッション フロアCVT5MT
走行距離 7.2万km 乗車人数 5
車検 23(R5)/04 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1200cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 414
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR 当社の販売地域は、埼玉県を中心に隣接した都・県とさせていただいております☆全周囲モニターが装備された一台を魅力的な価格でご提案致します!☆

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV ×
ETC ABS
アルミホイール × サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

日産 ノート 1.2 Xを販売している販売店情報

販売店名 埼玉トヨタ自動車 所沢マイカーセンター link
販売店住所 埼玉県所沢市小手指台37-1
電話番号 04-2921-6811

日産 ノートの最新モデル

進化した第2世代の「e-POWER」を搭載した3代目

日産の日本市場における、最量販コンパクトハッチバックの3代目。「コンパクトカーの常識を超える運転の快適さと、楽しさが詰まった先進コンパクトカー」をコンセプトに掲げ開発された。エクステリアは、クロスオーバーEV「アリア」との一貫性を感じさせるデザインを採用。室内は、電動化にふさわしい先進感と使いやすさを兼ね備えた、新たなインテリアデザインの思想を体現したものとされた。プラットフォームを新設計するとともに、システムを大幅に刷新。モーターとインバーターを新型とし、先代ノート比でトルクは10%、出力も6%向上。また、ナビリンク機能付きの「プロパイロット」が初搭載されるなど、安全運転支援システムの性能向上も図られている。(2020.11)