マツダCX-5 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボ

中古車 > マツダ  > CX-5  > 埼玉県 

  • CX-5、XDプロアクティブ入荷です!
  • 運転する人を中心に機能や装備がレイアウトされたドライビングポジションは、ドライバーの負担が少なく運転操作が楽に出来る様に作りこまれております。
  • 燃費や走行可能距離等も表示できる3連メーターは大型で視認性に優れています。
  • 7インチセンターディスプレーにナビやフルセグTV,インターネットラジオやBluetooth等のエンターテイメント機能を凝縮したマツダコネクト!
  • なんと!バックカメラ付き!バック走行の苦手な方もこれがあれば安心です!障害物だけでなく、小さな子供や動物も映ります!これは便利です!
  • 様々な安全装備があなたの運転をサポートしてくれます!
  • オートエアコン装備で季節を問わず室内は快適空間です!しかもハンドルヒーター、シートヒーター付きですので寒い冬でも快適に過ごせます!
  • ロックアップ領域を拡大し、燃費の向上とマニュアル車のようなダイレクトフィーリングを実現しました。
  • ETCも付いています!設置場所は人気のサンバイザー裏です!カードの出し入れもしやすいですし、サンバイザーを閉じれば見えなくなるので防犯にも役立ちます!
  • 男性でも女性でもドライビングポジションをしっかり確保できるよう、シートリフターは50mm、ハンドルのテレスコピック機能で260mm調整できます。
  • リヤシート背もたれの標準位置をゆったり座れる角度に設定した上で、よりくつろいだ姿勢が取れるリクライニング機構を採用しています。
  • 背もたれを倒すとこんなに大きな荷室が出現!少し大きめのお買い物もこれが出来れば郵送しなくても済みます!おサイフにも貢献できます!長尺物の積載も可能になります!!
  • 天井には目立つ様な傷やヤニの付着等はございません
  • LEDヘッドライトは明るい白色光で夜間の走行時に高い視認性を確保するとともに、省電力で低燃費にも貢献しています。
  • リヤガラスはダークガラスになってます!眩しい日差しを和らげてくれたりプライバシーの保護に役立ちますね!
  • 大小2つのターボを駆使して様々なシーンでストレス無く走行できる次世代クリーンディーゼル搭載です。
  • アルミホイールがバネ下重量の軽減を図り、乗り心地、ハンドリングを向上させています。
  • MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)は先行車との車間を維持しながら追従走行を可能にしています。長距離でのドライバーの負担を軽減させてくれます。
  • 世の中は、個性や才能で溢れている。誰もが光る何かを持っている。その可能性を信じて、夢中になって進んでみよう!そうすれば毎日は、世の中は、今よりきっと明るいものになる。Be a driver.
  • 単なる鉄の塊ではなく、命あるものとして意思を感じさせたいという想いが込められた魂動デザイン!

マツダCX-5 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボ の基本情報

  • CX-5
  • 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボ
  • 本体価格:249.7万円(税込)
  • 支払い総額:264.7万円(税込)
お気に入りに追加
年式 17(H29)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 2.8万km 乗車人数 5
車検 22(R4)/12 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2200cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 271
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:12ヵ月 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ!アダプティブLEDヘッドライト☆レーンキープ・アシスト☆横滑り防止機構

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

マツダ CX-5 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボを販売している販売店情報

販売店名 関東マツダ 東松山店 link
販売店住所 埼玉県東松山市柏崎字小原11-1
電話番号 0493-22-6872

マツダ CX-5の最新モデル

走る歓びを深めたクロスオーバーSUV

マツダのグローバル販売の4分の1を占める、基幹車種となったクロスオーバーSUVの2代目。ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、あらゆる領域で「走る歓び」が深化。デザインはマツダ独自の「魂動(こどう)Soul・of・Motion」のコンセプトをより高い次元へと昇華。また、同社の国内仕様車では初採用となる、0?100km/hの車速で追従機能を可能とする、マツダレーダークルーズコントロールが備えられた。エンジンは従来型と同様に、2.2Lのディーゼルターボと、2.5Lおよび2Lのガソリンエンジンをラインナップ。ディーゼルは細かな改良が施され、ノック音を低減。静粛性、走りの滑らかさが向上された(2016.12)