マツダアクセラスポーツ 2.0 20S ツーリング

中古車 > マツダ  > アクセラスポーツ  > 埼玉県 

  • アクセラスポーツ20S、ツーリング!入荷です!
  • 大事なのは迷うことなく確認や操作が出来ること。
  • 大型のシンプルなメーターはレイアウトがスッキリと見やすく、ドライバーの疲労や負担を抑えて走る楽しさを支えています。
  • 7インチセンターディスプレーにナビやフルセグTV,インターネットラジオやBluetooth等のエンターテイメント機能を凝縮したマツダコネクト!
  • なんと!バックカメラ付き!バック走行の苦手な方もこれがあれば安心です!障害物だけでなく、小さな子供や動物も映ります!これは便利です!
  • 様々な安全装備があなたの運転をサポートしてくれます!
  • MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)は先行車との車間を維持しながら追従走行を可能にしています。長距離でのドライバーの負担を軽減させてくれます。
  • 全席の乗員に自然でクリアなサウンドを届けることを目指し、Bose社のエンジニアと共同でチューニングを実施しました
  • なんとETC付き!これがあれば高速道路もスイスイいけます!現金での通行よりもお得に利用できます!カード会社によってはカードポイントも付いてお得!!
  • オートエアコンがとっても便利!温度のみ設定していただければそれでOK!噴出し口もオートで切り替わります!!霜取り時には自動的に外気導入に切り替わります!!
  • ロックアップ領域を拡大し、燃費の向上とマニュアル車のようなダイレクトフィーリングを実現しました。
  • アクセラではシートのフィット感を高める為に、キメの細かい振動吸収ウレタンをシートバックに採用し、どんな体格のドライバーにも快適な乗り心地を提供します。
  • 意外と見た目より広く座れるんです!足元も大人の方が乗ってもゆったり出来ます!視界も確保しやすく、長時間のドライブでも酔いにくくなっております!もちろん足元に荷物を置く事も可能です!
  • LEDヘッドライトは明るい白色光で夜間の走行時に高い視認性を確保するとともに、省電力で低燃費にも貢献しています。
  • アルミホイールがバネ下重量の軽減を図り、乗り心地、ハンドリングを向上させています。
  • リヤガラスはダークガラスになってます!眩しい日差しを和らげてくれたりプライバシーの保護に役立ちますね!
  • エンジンルームもごらんの通り!お納車前にはきちんと整備いたします!消耗品は交換が必要と判断した部品は追加整備料なく交換となります!お得です!
  • 天井には目立つ様な傷やヤニの付着等はございません
  • 単なる鉄の塊ではなく、命あるものとして意思を感じさせたいという想いが込められた魂動デザイン!
  • 世の中は、個性や才能で溢れている。誰もが光る何かを持っている。その可能性を信じて、夢中になって進んでみよう!そうすれば毎日は、世の中は、今よりきっと明るいものになる。Be a driver.

マツダアクセラスポーツ 2.0 20S ツーリング の基本情報

  • アクセラスポーツ
  • 2.0 20S ツーリング
  • 本体価格:104.6万円(税込)
  • 支払い総額:116.3万円(税込)
お気に入りに追加
年式 14(H26)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 6.3万km 乗車人数 5
車検 23(R5)/07 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2000cc ドア 5
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 257
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:12ヵ月 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR BOSEサウンドシステム&9スピーカー☆横滑防止機構マツダ・レーダークルーズ・コントロール☆AT誤発進抑制制御☆ワンオーナー

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

マツダ アクセラスポーツ 2.0 20S ツーリングを販売している販売店情報

販売店名 関東マツダ 東松山店 link
販売店住所 埼玉県東松山市柏崎字小原11-1
電話番号 0493-22-6872

マツダ アクセラスポーツの最新モデル

SKYACTIV技術と魂動デザインを採用

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバック。躍動的なエクステリア、コックピット感覚のインテリアなど、魅力的なデザインが与えられている。また、TwitterやFacebookとも連動するヒューマンマシンインターフェイス「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」が採用されている。エンジンは、新たに投入された1.5Lガソリンの「SKYACTIV-G 1.5」と、アテンザでもおなじみの2Lガソリン「SKYACTIV-G 2.0」、2.2Lディーゼル「SKYACTIV-D 2.2」というラインナップになる(2013.11)