日産ルークス 660 X

中古車 > 日産  > ルークス  > 大阪府 

  • オンライン商談始めました!スマホやタブレット、PCをお持ちのお客様!ご自宅に居ながらお車をご覧頂けます!その場でご注文頂くことも可能です!まずは072-728-7471までお電話お待ちしております!
  • 当店は、兵庫県、京都府からのアクセスも良い立地、新名神の箕面とどろみインターから箕面有料道路を経由して国道171号線に出てすぐのところにございます。
  • 総額内訳(法定費用+リサイクル料+登録費用+車庫証明費用+行政書士料)登録諸費用は大阪府内のご参考金額です。
  • 機能充実、フルセグチューナー内蔵のメモリーナビです!
  • Bluetooth対応の日産純正ナビなのでスマホの音楽を車内で聴けるのでお出かけの時もお気に入りの曲を聴きながらノリノリドライビング♪
  • 上空から見下ろしているかのような映像をディスプレイに映し出し、スムースな駐車をサポートします。画面は「トップビュー」のほか「サイドブラインドビュー」への切り換えが可能。ますます安心です
  • アラウンドビューモニターはルームミラーにも映し出せます。
  • オートエアコンだから室内は一年中快適空間です。
  • オーディオや車両設定等の操作が手元で出来るステアリングスイッチです。
  • 無くても何等差支えございませんが、タコメーターはやっぱりあったほうが良いです。
  • バッグやポケットに入れたままでもドアの開錠、施錠からエンジン始動まで出来るインテリジェントキーは便利で重宝します。
  • 両側オートスライドドアは、運転席やリモコンキーからも開閉操作が出来て便利な装備です。
  • オートスライドドアはハンズフリー機能があるので両手が塞がっていてもドアの開閉が出来て便利です。
  • 高速道路の料金所をノンストップで通過できる以外にもETCならではの割引や専用で入り口を利用できたりと今や必須のアイテムです。
  • グローブボックス以外にもチョットした収納スペースがあり便利です。
  • フロントシートはベンチタイプで広く、助手席からの乗降りも楽々です。
  • リヤシートは足が組める程、余裕の広さです。
  • お子様がいらっしゃるご家庭にぜひご利用いただきたいシートバックテーブル。車内でのお食事も楽しくなりますよ。
  • ロールサンシェード〈スライドドア〉陽射しが眩しいときなどにスッと引き出せるドアライニング内蔵式。高い遮光率で、お子様の安眠を妨げません。後席用のシートバックテーブルも便利ですよ!
  • 後席へエアコンの冷気を循環させるサーキュレーターがあります。

日産ルークス 660 X の基本情報

  • ルークス
  • 660 X
  • 本体価格:158.0万円(税込)
  • 支払い総額:167.9万円(税込)
お気に入りに追加
年式 21(R3)(年式(初度登録年)) ミッション インパネCVT5MT
走行距離 0.3万km 乗車人数 4
車検 24(R6)/04 ハンドル 右ハンドル車
排気量 660cc ドア 5
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 947
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:1年 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール × サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

日産 ルークス 660 Xを販売している販売店情報

販売店名 日産大阪販売(株) UCARS箕面 link
販売店住所 大阪府箕面市西宿2-2-19
電話番号 072-728-7471

日産 ルークスの最新モデル

日産が企画、開発を行ったスーパーハイト軽ワゴン

日産が家族のために、広い室内、便利で快適な使い勝手、誰もが楽しい移動空間、そして安全性を考え抜いて、三菱自動車との合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発を行ったスーパーハイト軽ワゴン。オートスライドドアなど前モデルにあたる、デイズルークスで好評を得たポイントはそのままに、デイズで好評を得たプラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現。後席スライドドアの開口幅も拡大され、乗降性の向上も図られた。運転支援技術「プロパイロット」や初採用された「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」など、先進安全技術も採用している。ワイド感と高い質感が与えられた、ハイウェイスターもラインナップされる。(2020.3)