マツダMAZDA2 1.5 15S プロアクティブ スマート エディション

中古車 > マツダ  > MAZDA2  > 埼玉県 

  • マツダレーダークルーズコントロール・追突被害軽減ブレーキ・BSMレーンキープアシスト
  • 人間を中心とすることを重視したインテリアデザインです。使いやすさ、質感、美しさを追求しています。
  • 大型円形メーターを中心とし、「左右対称」を意識してデザインされたメーターパネル。ドライバーへ中心軸を意識させ、「どこまでも走っていきたい」と思わせてくれるデザインです。
  • ナビ&オーディオ操作ダイヤル「コントロールコマンダー」は自然と手の触れる位置に配置されています。目線を外すことなく手元で操作できます。
  • ロックアップ領域を拡大し、よりスムーズでダイレクトなドライビングフィールを実現した新開発のスカイアクティブドライブを搭載しています。
  • フロントシートは心地よいフィット感と程よいホールド性能を両立させ、今までになく快適にドライブを楽しんでいただける、マツダ自慢のシートです!
  • 後部座席も広々スペースです。大きな座面でリクライニング無しでもゆったりロングドライブをお楽しみいただけます。
  • マツダコネクトの7インチディスプレイです。センターコンソールのコマンダーコントロールでの操作に加えて、タッチパネルにもなっていますので、画面にタッチしての操作も可能です。
  • 360°ビューモニターを搭載しています。コーナーセンサーと合せてお使いいただくことで、安全、安心にお車の取り回しを行っていただけます
  • 視覚的に情報を認識しやすい&カッコイイ!アクティブドライビングディスプレイが運転をサポートしてくれます★
  • CD/DVDのほか、USB接続ポートにAUX端子を装備しています。スマートフォンやミュージックプレーヤーなどの接続も可能です。。もちろんBluetooth接続にも対応しています!
  • 前走車両の速度に合せて、自車の速度を調整できる「MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)」を装備しています。
  • 便利で快適!シートヒーターも装備!
  • 死角からの接近車両を検知する「BSM」や、衝突被害を軽減する「SCBS」「SBS」、レーンキープアシストなど先進安全装備も充実しております。
  • わーい\(≧o≦)/ETC付き♪お得感アップ↑↑ETCカードのご用意を!!
  • 広々ラゲッジスペースはレジャーやアウトドアにピッタリです。
  • 立体的なシグネチャーウィングと鋭いヘッドランプにより、奥行きのある堀の深いフロントフェイスとなっています。
  • スタイリッシュなボディーの、シャープな印象のリアビューです★
  • 生命感をカタチにするデザイン、それがマツダの「魂動デザイン」
  • 「1滴たりとも燃料を無駄にしないエンジン」を目指して開発されたスカイアクティブエンジンです。伸びやかに高回転までスムーズに吹けあがります。

マツダMAZDA2 1.5 15S プロアクティブ スマート エディション の基本情報

  • MAZDA2
  • 1.5 15S プロアクティブ スマート エディション
  • 本体価格:165.9万円(税込)
  • 支払い総額:177.9万円(税込)
お気に入りに追加
年式 20(R2)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 1.8万km 乗車人数 5
車検 23(R5)/10 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1500cc ドア 5
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 260
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:12ヵ月 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR 世界的に好評なデザインをコンパクトボディーに凝縮!マツダコネクト・CD/DVD再生・Blutooth・360°ビューモニター・前後ドラレコ・ETC・シートヒーター

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート × 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

マツダ MAZDA2 1.5 15S プロアクティブ スマート エディションを販売している販売店情報

販売店名 関東マツダ 狭山ユーカーランド link
販売店住所 埼玉県狭山市根岸1-8-29
電話番号 04-2900-2929

マツダ MAZDA2の最新モデル

デミオがデザインと車名を変更して刷新

日常を豊かにする上質なパーソナルカーをコンセプトに、マツダブランドへの入り口を担う車として、生まれ変わったデミオ。車名の変更は、マツダブランドを鮮明化させるためだという。エクステリアデザインは見る人の心を動かすエレガントさが目指された。インテリアはいつまでも乗っていたくなる居心地の良よい空間をねらったもの。減速エネルギー回収システムである、i-ELOOPをディーゼルエンジンに加え、ガソリンエンジンにも展開。運転席に6Wayのパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能などが新たに設定されている。全車速追従機能付マツダレーダークルーズコントロールや、アダプティブLEDヘッドライトの設定など、安全性能も高められた(2019.9)