マツダCX-5 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボ

中古車 > マツダ  > CX-5  > 埼玉県 

  • 追突被害軽減ブレーキ・AT誤発進抑制制御・BSM・車線逸脱警報システム・アダプティブLEDヘッドライト
  • 人間を中心とすることを重視したインテリアデザインです。使いやすさ、質感、美しさを追求しています。
  • マツダコネクトを操作するコマンダーコントロールです。運転中に自然と手の触れる位置に配置されています。
  • ロックアップ領域を拡大し、よりスムーズでダイレクトなドライビングフィールを実現した新開発のスカイアクティブドライブを搭載しています。
  • マツダコネクトを操作するコマンダーコントロールです。運転中に自然と手の触れる位置に配置されています。
  • フロントシートは心地よいフィット感と程よいホールド性能を両立させ、今までになく快適にドライブを楽しんでいただける、マツダ自慢のシートです!
  • 後部座席も広々スペースです。大きな座面でリクライニング無しでもゆったりロングドライブをお楽しみいただけます。
  • マツダコネクトの7インチディスプレイです。センターコンソールのコマンダーコントロールでの操作に加えて、タッチパネルにもなっていますので、画面にタッチしての操作も可能です。
  • バックカメラを装備。駐車場などでの取り回しもスムーズに行っていただけます
  • 快適装備も充実しております。オートエアコンはもちろん、今の時期快適なシートヒーターやステアリングヒーターも付いております。
  • BOSE社共同開発、専用チューニングの施されたスピーカーで臨場感あふれるサウンドをお楽しみください。
  • パワーリフトゲート装備。運転席からスイッチ一つで開閉でき便利!また、女性の方などでも重い思いせずともラクラク開閉できます。もちろんテールゲートのスイッチでも作動いたします。
  • ETC車載機は専用ボックスにてバイザー裏に隠れて装着されております。トップシーリング(天井)の状態もご覧ください。きれいな状態となっております
  • 死角からの接近車両を検知する「BSM」や、衝突被害を軽減する「SCBS」「SBS」、車線逸脱を抑制する警報装置など先進安全装備も充実しております。
  • 広々ラゲッジスペースはレジャーやアウトドアにピッタリです。
  • 立体的なシグネチャーウィングと鋭いヘッドランプにより、奥行きのある堀の深いフロントフェイスとなっています。
  • スタイリッシュなボディーの、シャープな印象のリアビューです★
  • 躍動的で生命観あふれる造形によって、力強くも美しい動きを取り入れた「魂動(こどう)」デザインを取り入れてます☆
  • ボディカラーは、艶やかな透明感で人気のソウルレッドクリスタルメタリックになります
  • クリーンディーゼルエンジンは4000ccガソリンエンジン並みの力強いトルクがあり、上り坂や高速道路の合流などでもストレスフリー、しかもこれだけパワフルなのに、とても燃費の良いエンジンです。

マツダCX-5 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボ の基本情報

  • CX-5
  • 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボ
  • 本体価格:256.3万円(税込)
  • 支払い総額:270万円(税込)
お気に入りに追加
年式 17(H29)(年式(初度登録年)) ミッション フロア6AT5MT
走行距離 3.3万km 乗車人数 5
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 2200cc ドア 5
禁煙車 禁煙車 車台末尾番号 823
リサイクル リ済別
修理歴 修復歴無し
保証 保証付(保証期間:12ヵ月 / 保証距離:無制限)
整備 整備込
PR もっとアグレッシブに!ドライバーズSUV!CX-5マツコネナビ・BOSEサウンド・シートヒーター・電動リアゲート・バックカメラ

オプション

エアコン パワステ
MDデッキ × カーナビ メモリナビ他
キーレスエントリー エアバック
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 ディーラー車 ×
4WD × パワーウィンドウ
CDデッキ TV フル
セグ
ETC ABS
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート 福祉車両 ×
定期点検記録簿
お気に入りに追加

マツダ CX-5 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボを販売している販売店情報

販売店名 関東マツダ 狭山ユーカーランド link
販売店住所 埼玉県狭山市根岸1-8-29
電話番号 04-2900-2929

マツダ CX-5の最新モデル

走る歓びを深めたクロスオーバーSUV

マツダのグローバル販売の4分の1を占める、基幹車種となったクロスオーバーSUVの2代目。ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、あらゆる領域で「走る歓び」が深化。デザインはマツダ独自の「魂動(こどう)Soul・of・Motion」のコンセプトをより高い次元へと昇華。また、同社の国内仕様車では初採用となる、0?100km/hの車速で追従機能を可能とする、マツダレーダークルーズコントロールが備えられた。エンジンは従来型と同様に、2.2Lのディーゼルターボと、2.5Lおよび2Lのガソリンエンジンをラインナップ。ディーゼルは細かな改良が施され、ノック音を低減。静粛性、走りの滑らかさが向上された(2016.12)