ローバーミニ ケンジントン

中古車 > ローバー  > ミニ  > 埼玉県 

  • ☆希少!ケンジントン入庫しました!!☆外装は同色で塗装リペア済み!!☆BBS12インチアルミホイール ETC ルーフキャリア☆走行メーター1周しており、現在の表示は1283km☆
  • 「なんでこんなに安いんですか?」これは、お問い合わせいただいたお客様からよく伺うご質問です。その理由は沢山ありますが、そのうちの1つはユーザー様から買い取らせていただいて販売しているから。
  • ここまでのお値段が実現できる理由。ユーザー様からの直接買取りである他にも、もっともっとあるんです!でも、それはお問い合わせの際にご質問ください♪ただし、粗悪な商品は1台も無いことはお約束します☆
  • 豊富な買取り実績を誇るくるなびだから、もちろん下取りにも自信があります!現在お乗りのお車を下取りに出していただければ乗換えにかかる費用がグーンと抑えられます♪欲しい車がお得に手に入るチャンス☆
  • 遠方販売の実績も多数ございます♪なんと月間販売台数の3分の1は遠方のお客様なんです☆気になるお車の状態確認や、掲載されていない画像のご要望もどうぞご相談ください! TEL 04-2937-6379
  • 女性のお客様や、初めてお車をご購入されるお客様にも安心してお乗り頂ける様、親切・丁寧な接客を心がけています。わからないことや不安なことはどうぞお気軽にご相談下さい♪ TEL 04-2937-6379
  • 全車試乗OK♪事前にご連絡いただければご用意してお待ちしております! 第2展示場もありますのでお探しの在庫車両が見つからなければスタッフにお声かけください。TEL 04-2937-6379
  • ご来店の際は事前予約がオススメ!ご来店の際にスムーズにご案内できます♪ ※土日祝日は混み合う事が多く、ご来店が重なるとお待ち頂く事がございます。ご予約はコチラ TEL 04-2937-6379
  • オートローン事前審査大歓迎です!お申込金0円から84回払いまで設定可能!!審査も早急対応!遠方のお客様のために、お電話やFAXなど様々な方法でのローン審査も可能です!TEL 04-2937-6379
  • お支払い方法は、現金一括やオートローンの他、クレジットカードもご利用可能です♪分割払いができるだけでなく、ポイントが付与されるところも見逃せないメリットでしょう! TEL 04-2937-6379
  • ご契約後は、専門のスタッフが車内をしっかり洗浄のうえ納車させていただきます!だから内装外装ともにピッカピカ☆それがお客様から高い評価をいただいている理由です♪
  • ご購入後のアフターフォローも くるなび におまかせ!自社工場完備だからスピーディーに対応可能です☆きっとご満足して頂ける様、お客様のカーライフを全力でサポートさせて頂きます♪
  • ドライブレコーダーの装着やナビの交換作業、その他カスタマイズやドレスアップもおまかせください!ご満足いただけるよう、自社工場にて専門のスタッフが作業いたします☆ TEL 04-2937-6379
  • お客様のご来店・お問い合わせ、心よりお待ちしております。ご覧いただきありがとうございました。 株式会社くるなび所沢店 所沢市南永井762-6 TEL 04-2937-6379

ローバーミニ ケンジントン の基本情報

  • ミニ
  • ケンジントン
  • 本体価格:135.0万円(税込)
  • 支払い総額:148万円(税込)
お気に入りに追加
年式 97(H9)(年式(初度登録年)) ミッション フロア4AT5MT
走行距離 10.1万km 乗車人数 4
車検 車検整備付 ハンドル 右ハンドル車
排気量 1300cc ドア 2
禁煙車 非禁煙車 車台末尾番号 097
リサイクル リ済別+リ追
修理歴 修復歴無し
保証 保証無
整備 整備込
PR 1月23日19時までの限定価格!無くなり次第終了☆早い者勝ちです♪ご来店 or お電話優先となります!04-2937-6379まで☆1月23日19時に終了します♪

オプション

エアコン × パワステ ×
MDデッキ × カーナビ ×
キーレスエントリー × エアバック ×
エアロパーツ × ローダウン車 ×
ワンオーナー車 × ディーラー車
4WD × パワーウィンドウ ×
CDデッキ × TV ×
ETC ABS ×
アルミホイール サンルーフ ×
本革シート 福祉車両 ×
定期点検記録簿 ×
お気に入りに追加

ローバー ミニ ケンジントンを販売している販売店情報

販売店名 くるなび 所沢店 link
販売店住所 埼玉県所沢市南永井762-6
電話番号 04-2937-6379

ローバー ミニの最新モデル

大ベストセラー初代ミニの現代版

先代ミニ、それは1959(S34)年登場の初代ミニそのものといっていい。エンジンラインナップやインパネデザインなどが現代風にアレンジされたのみで基本コンセプトは何ら変更を受けずに作られ続けた。ミニといえばミニクーパーが有名だが、本来クーパーはレースで活躍したスパルタンなモデル。その性能が高く、戦績も優秀であったことから世界中に名声が高まり、上級グレードにその名が与えられるようになったのだ。初代ミニは大人4人が乗れるミニマムサイズの実用車という点でその後に登場したどのクルマにも負けなかった。ただ、モデル末期にミニを愛したのは日本人だけで、ほとんどすべてが日本へ輸出されたという。(1991.1)