【いにしゃるR 第3話】深夜の大脱走[新連載漫画] | レスポンス(Response.jp)

【いにしゃるR 第3話】深夜の大脱走[新連載漫画]

モータースポーツ/エンタメ 出版物

いにしゃるR 第3話「深夜の大脱走」
いにしゃるR 第3話「深夜の大脱走」 全 4 枚 拡大写真

レスポンス初のオリジナル漫画『いにしゃるR』。求職中の主人公「櫻田玲紋(さくらだれもん)」はどのようにしてレースクイーンへの道を歩むのか?前回の掲載から空くこと2ヶ月。待望の第3話公開です。玲紋ファンの皆様お待たせしました。

主人公・櫻田玲紋は訳あって現在求職中。本気で職探しをしなければならないものの、昼間から缶ビールを片手にネットで求人情報を漁る自堕落な日々を過ごしていた。

そんなある日行きつけのコインランドリー「タカハシ」で謎の老人と出会い、突然「レースクイーンにならないか」という勧誘をされる。

あまりに突然の誘いに訝げな表情をする玲紋。洗濯も早々に切り上げ、自宅近くにある個人経営のコンビニ「サナダ○」にタバコを買いに行く。すると、そこにはまたしても謎の老人がコンビニ店員として働いていたのであった。

驚きのあまりお釣りも受け取らずにコンビニから走り出す玲紋。大脱走のさなかに出会ったのは…

コンビニから駆け出す玲紋。謎の老人が魔改造車から顔を出したのはまたしても謎の老人だったこのまま夜道を逃げるのは危険だと判断した玲紋は大通りへと逃げる。ただ後ろに気を取られるあまり、犬の散歩をしている女性とぶつかってしまう。優しく声をかける女性。しかし、その女性もまた、先ほどの老人が変装していたのであった。あまりの展開に気絶する玲紋。大通りで気絶した玲紋の周りは謎の老人達で溢れかえっていた。

【注意事項】
※本作は野心と欲望と裏切りに満ちたモータースポーツ界で、様々なアクシデントに巻き込まれながらも、たくましく生き抜く櫻田玲紋の成長譚です。
※編集部及び作者が正常に稼働している場合は隔週ペースで更新予定です。
※この漫画はフィクションです。実在の人物や団体とは一切関係ありません。

《Hikaru》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

この記事の写真

/

編集部ピックアップ