現行より30分繰り上げ、到着は1時頃に…JR東日本が2021年春に終電繰上げへ 1枚目の写真(全3枚)

首都圏各駅のホームドア設置工事も工事量を増大させている要因のひとつで、人手不足をカバーするためにも、終電~初電の列車間合いを確保して、工期の短縮や作業の効率化などを図る必要がある。写真は深夜に行なわれているホームドアの「杭打ち作業」と呼ばれる基礎工事の様子。
《写真提供 東日本旅客鉄道》 首都圏各駅のホームドア設置工事も工事量を増大させている要因のひとつで、人手不足をカバーするためにも、終電~初電の列車間合いを確保して、工期の短縮や作業の効率化などを図る必要がある。写真は深夜に行なわれているホームドアの「杭打ち作業」と呼ばれる基礎工事の様子。

ピックアップ