【新型ダイハツ『ミラ』発表】大変身の理由…「ダイハツも変わらなくっちゃ!」

自動車 ニューモデル 新型車
【新型ダイハツ『ミラ』発表】大変身の理由…「ダイハツも変わらなくっちゃ!」
【新型ダイハツ『ミラ』発表】大変身の理由…「ダイハツも変わらなくっちゃ!」 全 3 枚 拡大写真
今までの『ミラ』のデザインといえば、全体的にはスタティックで、ボンネットとキャビンがしっかりと区別された完全な1.5BOXだった。しかし新型は違う。ウェッジしたワンモーションフォルムが特徴だ。この大変身の理由、それはダイハツが変革の時期を迎えていたからだ。

「開発していた当時は会社の状況もあり、社内的には“ダイハツも変わらなくっちゃ”の雰囲気が強かった」。そう語るのは内外装のデザインを担当したデザイン部・第一デザイン室の上山喜代治・室長。「プラットフォームを一新することもあり、新しいことをしたかった」という。

「では、新しいことをするには、今までを否定してかからないといけない。そう考えると従来のミラは、スタティックで動きが無さすぎた。新型ミラは今までの延長上に無いもの、本当に変わったと思われるものを目指した」と上山室長。

そこで気になるのは変わり方だ。スタティックさが従来のミラの特徴であったならば、よりスタティックな方向に持っていくという考え方もある。ちょうど、日産の『キューブ』のように。もしかしたらそちらの方が時代にあっているかもしれない。スタティックさが“和みや癒し”のイメージとも重なるからだ。

上山室長は「確かにそういう考えもあり、スタティックなデザインのトライもしてみました。しかし開発当時まだ“癒し”といったキーワードはまだそれほど広がってはいなかったこともあり、やはりクルマは走り出すデザインであるべきとの考えからウェッジシェイプのデザインを採用した」と語る。

●おっと、これは?! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け。自動車業界、クルマライフのトレンドをキャッチアップ!---

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ
  • タフトに採用された電動パーキングブレーキ機構付きドラムブレーキ
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ