【ロサンゼルスモーターショー06】ヤリス/ヴィッツ/ベルタ、北米デビュー

自動車 ニューモデル モーターショー
【ロサンゼルスモーターショー06】ヤリス/ヴィッツ/ベルタ、北米デビュー
【ロサンゼルスモーターショー06】ヤリス/ヴィッツ/ベルタ、北米デビュー 全 3 枚 拡大写真
トヨタは新型『ヤリス』セダンをLAオートショー(ロサンゼルスモーターショー)で発表した。ヤリスは2007年モデルとして今年春から北米で販売が始まり、4ドアセダンと3ドアハッチバッグの2つのボディタイプでの展開となる。

初代が2000年にヨーロッパでカーオブザイヤーに選ばれ、ベストセラーカーとなったヤリス、満を持しての北米投入だ。またヤリスの導入に伴い、サブコンパクトのエントリーモデルだった『エコー』の販売は終了する。つまり、サイオンブランドを除いてトヨタモデルとして、ヤリスはもっとも安価なエントリーカーの位置を占める。

エンジンはセダン、ハッチバックともに1.5リットル4シリンダー16バルブDOHC、ベースは5MT(オプションとして4AT)。また燃費は市街地で34マイル/ガロンと、EPA(大気汚染管理局)が定めるULEV(超低公害車)の基準を満たす。

サブコンパクトは昨年後半から競争が激しくなり、Bカーとして今後の伸びが期待される分野。ヤリスの当面のライバルは、自社のサイオンカーとなりそう?

会場には全体をフィルムでラップしたファンバージョンも展示され、個性に応じた楽しみ方を提供するアイデア満載をアピールしていた。

ヤリス・ハッチバックは日本のヴィッツ、ヤリス・セダンは『ベルタ』に相当するモデル。

《Sachiko Hijikata, US editor》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタGRスープラ・ヘリテイジ・エディション(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ EQC(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • 映画『6アンダーグラウンド』に起用されたアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの2020年型(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ