【インプレ'06】国沢光宏 ホンダ『ゼスト』 ライフのスポーツ版

試乗記 国産車
【インプレ'06】国沢光宏 ホンダ『ゼスト』 ライフのスポーツ版
【インプレ'06】国沢光宏 ホンダ『ゼスト』 ライフのスポーツ版 全 1 枚 拡大写真
車高を上げると「安定性確保や左右方向のロールを抑えるため、足まわりは硬めなければならない」というのが自動車の基本。『ライフ』と同じシャシーの『ゼスト』に乗ると、それをしっかり思い出す。

かといって「サスペンションが硬いから悪い」といっているのではない。ゼストのようなクルマの場合、ソフトな乗り心地とキビキビした操縦性の両立が難しいなら、後者を優先すべき。それに標準のタイヤを履いているモデルならあまり気になるレベルじゃない。ただワイドタイヤ仕様だと路面のツキ上げがなかなか厳しい。

とくにリアシートは妥当なレベルを超えている感じだ。もしリアにチャイルドシートを付ける予定なら、標準タイヤのまま乗ること。

エンジンは標準とターボ付きから選べる。近所の足と割り切って使うのであれば標準で問題なし。ただ流れの速い国道やバイパス、高速道路など走る機会が多い人は、多少の予算オーバーとなってもターボ付きを選ぶといいだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


国沢光宏| 自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。

《国沢光宏》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ハリアー 新型
  • シトロエン C5エアクロスSUV
  • 日産 キックス
  • ボルボ XC40 B5 Rデザイン
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ