【セパン軽24時間耐久】チームレスポンス、シェイクダウンは好感触

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【セパン軽24時間耐久】チームレスポンス、シェイクダウンは好感触
【セパン軽24時間耐久】チームレスポンス、シェイクダウンは好感触 全 5 枚 拡大写真
2007年2月10−11日開催予定、灼熱のマレーシアはセパンで軽自動車24時間耐久レースが開催される。これに向け、06年も残り少なくなった12月9日、極寒のスポーツランドSUGOでマシン「RESPONSE BS VS BEAT '07 SPEC」をシェイクダウン!

クルマ全体の走行特性はなんとか見えた感じだ。特に注意してチェックしたポイントが、スポット溶接増しとロールバーで補強したボディまわり。そしてワンオフで製作したサスペンションとタイヤ。

タイヤは、現地のスコール対策もあり、ドライ路面での絶対的なグリップ性能と、かつヘビーウェット路面でも安定した性能を持続してくれるタイヤを求めた結果、いわゆるサーキット用のSタイヤではなく、『ポテンザRE-01R』を選んだ。

走り終えてみれば、全てのバランス感はかなり好感触。パーツ類の組み合わせもバッチリだった。ドライバーの誰もが、口を揃え「素直な特性で、ロングランの耐久レース向けの特性と言えるだろう」と、RESPONSE BS VS BEAT '07 SPECのポテンシャルの高さを認めた。

またエンジンは、オーバーホールついでにファインチューンしたが、慣らし運転が完全には終わっていないため、全開走行というわけにはいかなかった。それだけが残念だ。灼熱のセパンに向け、極寒の中でマシンをシェイクダウンするという、なんとも妙なシチュエーションだが一通りの不安は払拭できた。今後も船積みまでの間、テストを続けて行く。

《藤井義昌》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 軽のABC+C
  • ホンダ ペーパークラフト 「溝呂木ペーパークラフト店、ステップワゴンでお買い物」
  • ホンダ BEAT あの頃の「全力で楽しい」走りを未来へ繋げたい…BEATparts
  • ホンダ・ビート(1991年)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ