新車の選び方…正確性のあるハンドリング

自動車 ニューモデル 新型車
新車の選び方…正確性のあるハンドリング
新車の選び方…正確性のあるハンドリング 全 4 枚 拡大写真
マツダ『CX-7』はスポーツクロスオーバーSUVをコンセプトにしていることもあり、走りのほうも入念にセッティングが施されているという。

はたしてCX-7のフットワークは、どのように仕上げられているのだろうか。CX-7の走行実験を担当したマツダ 車両開発本部の岡野良一さんは「スポーティな走りという定義はいろいろあると思いますが、マツダの考えるSUVのスポーティな走りは、RX-8のようなスポーツカーとは少し違ったものです」とコメント。

「CX-7ではドライバーが予想したとおりにクルマが動き、その先の挙動を認知できるような、正確性の高いハンドリングを目指しています。そのため、むやみに足回りを硬めて挙動を抑えるのではなく、サスペンションを動かしてしなやかな挙動を作り、その動きをドライバーに上手く伝えて、次の動作に移っていただくというものです」

「FFも4WDも方向性は同じですが、FFは軽快なフィーリングが味わえ、4WDでは少し重厚な走りを感じていただけると思います」

ちなみにCX-7のプラットフォームは、フロントがMPVと共通で、中間部分は大部分を新規に製作し、リヤの一部はプレマシーのものを使っているという。この組み合わせにより、そのハンドリングを作り上げることができたに違いない。

とかくスポーティというと、硬めの足回りを想像するが、CX-7のサスペンションはしなやかさを持たせ、その上で正確性の高いハンドリングを目指しているようだ。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車の見積りのトップページはこちらから。
気になるライバルの見積りも同時にとれます。他ブランドの車種もどうぞ。
●新車見積りトップページのURLをメールで送る。

 今のクルマを新車購入資金に ユーザーアシスタンス
無料愛車査定サービスはこちらから。
●無料愛車査定サービスのURLをメールで送る。

《岡島裕二》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ