【日産 キューブ 試乗】センスがいいカフェ…金子浩久

試乗記 国産車
【日産 キューブ 試乗】センスがいいカフェ…金子浩久
【日産 キューブ 試乗】センスがいいカフェ…金子浩久 全 5 枚 拡大写真
オリジナリティの高さとフルモデルチェンジの上手さのふたつで、今度の『キューブ』は大いに魅力的だ。突飛な非対称リアウインドウばかりに目がいってしまうが、キューブの真骨頂はインテリアにある。

造形、配色、素材それぞれが高いレベルでバランスをとっていて、センスがいいカフェで寛いでいるような心地良さがある。Aピラーの形状と運転姿勢の関係についてもよく吟味されており、運転しやすく、景色が違って見えてくる。

旧型の魅力とキャラクターを活かしつつ、新しい試みを巧みに織り込むことに成功しているのも、魅力につながっている。変え過ぎと守り過ぎが多い日本車にあって、希有な例。
 
デザインに、ファンシー趣味やヤンキーテイストが皆無な貴重な日本車でもある。フジヤマ&ゲイシャではない、現代のニッポンの良質なデザインとカルチャーを体現している。旧型では、若者中心に訴求されていたが、新型は世代や性別などを越えて、あらゆる人におススメできる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★

金子浩久|モータリングライター
1961年東京生まれ。著書に、『10年10万キロストーリー』、『セナと日本人』、『地球自動車旅行』、『ニッポン・ミニ・ストーリー』、『レクサスのジレンマ』、『力説自動車』(共著)などがある。

《金子浩久》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 異業種コラボモデルのカタログ
  • 日産キューブ
  • 日産セレナ(2011年)
  • 日産ノート
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ