【ボルボ S40 2.0e パワーシフト 試乗】俄然、魅力が…金子浩久

試乗記 国産車
【ボルボ S40 2.0e パワーシフト 試乗】俄然、魅力が…金子浩久
【ボルボ S40 2.0e パワーシフト 試乗】俄然、魅力が…金子浩久 全 3 枚 拡大写真
ボルボ『S40』、『V50』、『C30』の三兄弟に重要な変更が加えられた。可変吸気システムを備えた新しい2.0リットル4気筒エンジンとボルボ初のデュアルクラッチ6速ATが組み合わされたからだ。

新エンジンはカタログデータで燃費が22%向上し、馬力も5馬力アップ。コストの嵩むはずのデュアルクラッチATは最初に『V70』や『S80』に搭載されるものとばかり予想していたから、驚かされた。

他社のデュアルクラッチATとは、セッティングがひと味異なっていて、穏やかな変速ぶりだ。あまり頻繁に変速しない。エンジンも、特別にスポーティというわけではないから、これはこれで十分。ショックが皆無で、シフトレバーを使えば、素早く変速する。そのリズムがS40にピッタリで、いかにもボルボらしく好ましい。

289万円という価格も、お買得だと思う。日本で使うには大きくなり過ぎたV70シリーズの代わりに、S40、V50、C30の3台は、俄然、魅力を増してきた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★★

金子浩久|モータリングライター
1961年東京生まれ。著書に、『10年10万キロストーリー』、『セナと日本人』、『地球自動車旅行』、『ニッポン・ミニ・ストーリー』、『レクサスのジレンマ』、『力説自動車』(共著)などがある。

《金子浩久》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ Q3 新型(Q3 35 TDI quattro S line)
  • スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)
  • ダイハツ タフト Gターボ
  • スバル レヴォーグ GT-H(プロトタイプ)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ